米インディーバンド、ザ・ナショナルのマット・バーニンガー、ソロデビュー作から先行曲公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

Photo : Chantal Anderson

バンドメンバーのアーロン・デスナーがテイラー・スウィフトの最新アルバム『folklore』に参加してことでもより注目されているインディー・ロック・バンドのザ・ナショナル。このバンドのヴォーカルであるマット・バーニンガーのソロ・デビュー・アルバム『Serpentine Prison』が2020年10月16日に発売され、そこからの先行シングル「One More Second」が公開となった。

関連記事:ザ・ナショナルがクイーンの「I Want To Break Free」をカヴァー

シングル「One More Second」は、アルバム同様、ブッカー・T・ジョーンズがプロデュースを手掛けた曲で、マット・バーニンガーはこうコメントしている。

「この楽曲はLost LanderのMatt Sheehyと一緒に書いた曲で、ドリー・パートンの“I Will Always Love You”へのアンサー・ソング的なものを書こう、という思いで書いたんです。ただ、シンプルで、車で聴くと最高なラヴ・ソングを書きたかったんです」

また、アルバムの背景についてマットはこう語る。

「ある日、それまで友人達と制作に取り掛かっていたシングル“Serpentine Prison”と“Distant Axis”のデモ・ヴァージョンを、ブッカー・T・ジョーンズへ送ったんです。そしたら、すぐブッカーが、“その調子でどんどん書いて、掘り下げていくべきだよ”と返事をくれました。その半年後には12曲のオリジナル楽曲と、カバー・ソングが完成していました。そして、カリフォルニアのヴェニスに皆で集まっては、14日間でレコーディングを終了させたんです」

マット・バーニンガーのソロ・デビュー・アルバム『Serpentine Prison』は、マットと、ブッカー・T・ジョーンズが立ち上げたBook’s Recordsよりリリースされる。

_____

マット・バーニンガー『Serpentine Prison』
2020年10月16日発売