英大手、コロナワクチン治験再開

副作用疑いで一時中断

©一般社団法人共同通信社

英製薬大手アストラゼネカのロゴ(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英製薬大手アストラゼネカは12日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を英国で再開したと発表した。被験者に副作用が疑われる深刻な症状が発生したため、全世界での治験を一時中断していた。

 アストラゼネカによると、英当局により治験を進めても安全だと確認されたという。「これ以上の医療情報の開示はできない」とし、詳細は明らかにしなかった。

 アストラゼネカと英オックスフォード大が手掛ける新型コロナワクチンは、世界で最も開発が先行していたものの一つ。日本は1億2千万回分の供給を受けることで合意している。