<オトナの土ドラ「恐怖新聞」>(フジテレビ系) 凶悪事件を予言する「恐怖新聞」が深夜に届く!つのだじろう漫画が現代ドラマに蘇る。衝撃ネタの連発にちょっと笑ってしまう「へんてこドラマ」

©株式会社ジェイ・キャスト

1970年代のつのだじろうによるヒットホラー漫画『恐怖新聞』が、まさかの現代テレビに蘇った。メイン監督は中田秀夫、シリーズ構成は乙一、脚本も『世にも奇妙な物語』でコワい話を何作も書いている高山直也と、スタッフはホラーの盟主ばかり。制作は松竹(京都)と、時代錯誤なネタドラマはお手の物の東海テレビ。

東海テレビ「恐怖新聞」公式サイト(https://www.tokai-tv.com/kyoufushinbun/)より

今回はその第2話だが、初回のおさらいから。女子大生の主人公・詩弦(演:白石聖)は一人暮らしを始めてから、凶悪事件を予言する「恐怖新聞」が数日おきの深夜0時に届くようになった。一発目の恐怖新聞は「女子高生が飛び降り自殺し死亡する」で、その日の昼ウーバー○ーツ的なバイトの最中だった詩弦は、その現場に遭遇。ブシャーッと大量の返り血を浴びてしまう。更に二発目は、まさか、詩弦の実父・蔵之介(演:横田栄司)が死亡するという内容。詩弦は必死に阻止しようとするが叶わず、工事中の大きな木材がぶっ刺さって父ちゃんは死んでしまう。おまけに死ぬ間際に「お前のせいだッ!絶対許さんッ!お前が生まれたせいだッ!」と詩弦に捨て台詞を言って逝ってしまった。この台詞口調がなんとも東海テレビらしい。

血みどろな世界観の中で唯一まともな佐藤大樹がサワヤカだ

そして第2話。パパのお葬式。詩弦のバイトの先輩・勇介(佐藤大樹=EXILE /FANTASTICS from EXILE TRIBE)も参列。悩みながら「勇介まで巻き込みたくないの」と言う詩弦に「巻き込めよ!俺たち恋人同士だろッ!」と甘い台詞を全力でカマす勇介。第1話で急接近した二人だが、別に告白もなにもなかったのにね(笑)。やたらサワヤカな佐藤大樹は、血みどろな本作の世界観で唯一まともな清涼剤的な存在なのだが、そこが逆におかしい。

詩弦のママ・黒木瞳が遺骨をポリポリ...うそでしょ!

また、詩弦のママ・歌子(演:黒木瞳)は優しいお母さんだが、ストレスが溜まると、メモ帳にボールペンでぐちょぐちょに黒く塗りつぶす癖がある。葬式の後も、詩弦が例のお父さんから「お前のせいだッ!」と言われた件を言ったら、「嘘よ。嘘よ。嘘よ。嘘。嘘よ。嘘。嘘!嘘!嘘!嘘!嘘!ウソーッ!!」と取り乱す。

更に後日、実家のお店の常連客から「お母さんの様子がおかしい」と聞き実家に帰った詩弦。昔の家族写真が置いてあり、つい眺めているとなんだか歌子の座っている方からうっすらボリボリと音が...。なんと旦那の遺骨をスナック菓子のようにむさぼり食っているではないか!黒木瞳にこんな役させる!?

ストーリー展開も気になるが、悪趣味かもしれないけど人があっけなく殺されたり、血がどひゃーと出たり、登場人物がおかしな言動したりするのは見ていてちょっと笑ってしまう部分もある。みなさんもヤバいヘンテコなドラマだなーと思って気楽に楽しむのをオススメしたい。 (フジテレビ:2020年9月5日(土)23時40分放送)

鯖世 傘晴