伊勢谷友介と勘違いされて話題! 宇多田ヒカルの元旦那を懐かしむ声

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ

映画監督の紀里谷和明氏が9月9日、自身のツイッターを更新。大麻取締法違反の疑いで逮捕された伊勢谷友介容疑者と、自身の名前を混同したツイートが頻発していることに苦言を呈した。

紀里谷氏は《伊勢谷友介君の逮捕に伴い、彼の名前と僕の名前を混同している人たちが大勢ツイートしていて大変迷惑しています。その多くが誤解であったと気付いたツイートですが、それすら気付かず、そのままの認識の人たちが世の中にいると思うとゾッとします。実害が発生する可能性もあり、厳重に対処していきます》とツイートし、怒りをにじませた。

この投稿に、フォロワーからは、

《名前を間違えるのは失礼ですね。お察しします》
《漢字5文字で〝谷〟しか合致してないのに、混同してる人って、どんだけいいかげんなんだ》
《何となく分かる。けど本人にしてみたらいい迷惑だよね》
《ヒドい話で驚きました。紀里谷さんと伊勢谷さん、全然似ていないのに、思い込みでそんなことが起こるんですね》

などの声が寄せられている。

「知ってるなら間違えるハズない!」

「名前に〝谷〟が使われていることと、五文字以外は全く共通する部分がありません。しかし、間違う人が殺到しているのは、紀里谷が2004年に監督した映画『CASSHERN』で、伊勢谷が主演を務めていたからかもしれません。紀里谷は名前間違いにかなり激怒しているようで、混同の一例を挙げ、『既に弁護士チームを発動させています。数日中に削除されない場合は、IPアドレス開示の仮処分手続きに入り、手順を踏んで損害賠償請求までやります』との姿勢を見せています」(ネットメディア編集者)

一方、今回のニュースで紀里谷氏の名前を久しぶりに聞いた人も多いらしく、ネット上には、

《宇多田ヒカルの元旦那さん…。久しぶりに話題になったと思ったら…これかい!》
《失礼ながら、そこまでの知名度ではないし、知ってるならなおさら間違えるハズないでしょ!》
《失礼かもしれませんが、一般人にとって、お2人とも明確なイメージがないので、名前が違う、ルックスも違うといっても、理解しきれない人が結構いることでしょう》
《これは伊勢谷サイドも迷惑だろ。ピークを過ぎた映像作家と混同されたくないし、名前出されるのも嫌じゃない?》

など、疑問の声も上がっている。また見分け方として、《広末涼子と付き合って有名になったのが伊勢谷友介。宇多田ヒカルと結婚して有名になったのが紀里谷和明》という方法を伝授してくれる人も現れた。

ちなみに映画『CASSHERN』は、公開直後から〝史上最悪のクソ映画〟と大酷評の声があふれ、映画評論家の前田有一氏は「『もう二度と日本映画を見るのはやめよう』となっても不思議ではない」との〝名言〟を残した。

何はともあれ、伊勢谷容疑者と紀里谷氏の名前が間違われたのは、何となくのイメージが脳裏に刷り込まれていたからかもしれない。