妻夫木聡『危険なビーナス』、小日向文世、斉藤由貴、麻生祐未ら追加キャスト発表

©ブロードメディア株式会社

日曜劇場『危険なビーナス』に出演する追加キャスト陣(C)TBS

俳優の妻夫木聡が主演を務め、女優の吉高由里子がヒロイン役で共演する10月スタートの日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系/毎週日曜21時)より、小日向文世斉藤由貴麻生祐未ら追加キャストが発表された。

作家・東野圭吾の同名小説を実写化する本作は、とある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる謎に挑むラブサスペンス。TBSの連続ドラマ主演は16年ぶりとなる妻夫木が、主人公の獣医・手島伯朗役、吉高が伯朗の異父弟・明人の妻と名乗る謎の美女・矢神楓役を演じ、そのほか、2人を取り巻く重要キャストとして、ディーン・フジオカ、染谷将太、中村アンの出演も決まっている。

獣医・手島伯朗(妻夫木)の元に、「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高)が突然現れ、弟・明人(染谷)が失踪したと伝え、明人の失踪には、伯朗が縁を切った親族「矢神家」の誰かが関わっているのではないかという。矢神家とは関わらないと決めていたが、困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう事に。

そこには昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン)をはじめとした一族の面々が顔をそろえ、伯朗と楓が調べていくと、不穏な動きが次々に浮かび上がってくる―。そんな中、伯朗は楓と行動を共にするうちに、捉えどころのない不思議な魅力に惹かれていく。その様子を察した動物病院の助手・蔭山元美(中村アン)は、伯朗に忠告するが…。

発表されたのは、そんな本作の壮大な謎に関わるキャラクターとして出演する豪華俳優陣。

伯朗の叔父で数学者の兼岩憲三役を小日向、伯朗と明人の母で16年前に事故死した矢神禎子を斉藤、矢神家前当主である康之介の養女・矢神佐代役を麻生が演じる。そのほか、矢神家現当主の妹・矢神波恵役を戸田恵子、禎子の妹で夫・憲三と共に伯朗を実の子のようにかわいがる兼岩順子役を坂井真紀、さらに、矢神家の前当主と後妻の間に生まれた支倉祥子役に安蘭けいがそれぞれふんする。そのほか、田口浩正堀田真由結木滉星池内万作栗原英雄の出演も発表された。

先の読めないスリリングな東野ワールドを、脚本家・黒岩勉が連続ドラマとしてさらに魅力あふれるキャラクターで描いていく今作。莫大な遺産を前に人間の欲望が渦巻く世界観を、多彩な俳優陣がどう演じていくのか注目だ。

日曜劇場『危険なビーナス』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。