千鳥、後輩芸人の指摘にタジタジ「こいつらほんまアカン」

©エンタメプレックス

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は2日、ABEMA SPECIALチャンネルにて『チャンスの時間』#106を放送した。

この日の放送回では、アイドルグループ・NGT48の中井りかをゲストに迎え、多数のレギュラー番組を抱える本番組MCのお笑いコンビ・千鳥が、今後さらにステップアップできるように、芸人たちがクイズ形式でその秘訣をプレゼンする新企画「千鳥の知らない世界」を実施。

第1回となる今回は、ピン芸人・紺野ぶるまと、お笑いコンビ・鬼越トマホークが登場し、千鳥の2人がやりがちな言動を指摘しつつ、失敗しないコツを伝授した。

まずは、1人目のプレゼンターとして紺野が登場。紺野は、「千鳥さんのことすごい心配しているんです。千鳥さんて、めちゃくちゃ女が好きじゃないですか」と切り出すと、「人気絶頂でこのタイミングでスキャンダル起こしてしまうと全部が水の泡。いろんな人が泣くことになるんです」と千鳥を案じた。そこで、今回は「クイズ!ピンク違和かぁ~ん」と題し、“自分だけは大丈夫”とおごっている千鳥の2人が今後スキャンダルを起こさないように、“危険な女性の見分け方”をクイズ形式でレクチャーした。

さらに、まさかの正解ばかりを連発する大悟に、紺野も「大悟さんがスゴすぎて...悔しいです!」と脱帽!

そして、続いて登場した鬼越トマホークは早速、「今はもう世間に合わせすぎて、お笑いファンは一切ついてないです」と、千鳥の変化を指摘。そんな後輩からの意見に、千鳥のノブは「お笑いファン、後輩にも面白いと思われたい」と焦りをにじませたが、鬼越トマホークのツッコミ担当・金ちゃんは「千鳥さんは“客観の目”、俯瞰で見る目が足りない。今はもう世間に認められてますけども、世間とのズレが生じてる」と続ける。

そこで、千鳥が“世間と同じ感性を養う”ための「クイズ!うるせぇなお前」を実施。“ケンカを止めにきた相手に対し、逆に「うるせぇなオマエ、◯◯なんだよ!」と、痛いところを指摘する”という、鬼越トマホークの鉄板ネタから、実際に、これまでで言った「うるせぇなオマエ~」のフレーズをクイズ形式で出題。その言葉を言われたのが誰だったのかを当てるクイズに、千鳥が挑戦。次々と飛び出す鬼越トマホークからの厳しい指摘に、「こいつらほんまアカン」「腹たつな...」と千鳥はタジタジになっていた。

©AbemaTV,Inc.