梶裕貴、水溜りボンド・トミーが「おカネの切れ目が恋のはじまり」にゲスト出演!

©株式会社東京ニュース通信社

梶裕貴が、9月15日からスタートする、松岡茉優主演、三浦春馬さん共演によるTBS系連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(火曜午後10:00)にゲスト出演することが分かった。

ドラマは、ある過去が原因で清貧という価値観で生きるアラサー女子・九鬼玲子(松岡)と、玲子の会社の御曹司で、金銭感覚が崩壊した浪費家の猿渡慶太(三浦春馬)という、⾦銭感覚が両極端な2人が出会ったことから展開する“じれキュン”ラブコメディー。玲⼦の初恋の相手・早乙女健役で三浦翔平、玲子と慶太と同じおもちゃメーカーで働く板垣純役で北村匠海も出演する。

梶が演じるのは、玲子や慶太ら主要キャラクターが働く会社「モンキーパス」に、企画を新規提案するベンチャー企業の社長・山鹿眞一郎。声優以外でも近年はドラマにも出演し、主演を務めるなど活躍の幅を広げ続けている梶。優しい印象が強い梶だが、本作では一味違った役どころとなる。

そのほか、大人気YouTuber・水溜りボンドのトミーと、フリーアナウンサーの登坂淳一という個性豊かな2人のゲスト出演も発表。登坂は、健が出演する情報番組のMC役。そしてトミーは、情報番組のコメンテーター役で、9月22日放送・第2話以降の出演となる。トミーが同局ドラマへ出演するのは今回が初めて。元NHKアナウンサーの登坂は、これが同局ドラマ初出演となる。

さらに、第2話には、純のデート相手・武内美結役で岡本莉音が出演することも決定。岡本は、WEB番組の恋愛リアリティーショーに出演し、10代から絶大な人気を博している今注目の新人女優で出演。美結と純のデートシーンは必見だ。

「心強い仲間が加わってくれました。各分野でトップを突き進む皆さまが、オーラ全開で熱演してくれています」と自信を見せる東仲恵吾プロデューサーは、「梶さんは、慶太の恋のライバルとして立ちはだかるベンチャー社長のカリスマっぷりを見事に表現してくれました。トミーさんは、初出演ということで、カメラが回る前はすごく緊張されていましたが、撮影が始まったら、見事に存在感ある堂々としたたたずまいで演じてくれました。登坂さんは、生粋のMC魂という感じでアドリブたくさんで巧みに演じてくれました。そして、岡本さんは、かわいいながらも純くんを悩ます小悪魔演技を余すことなく発揮してくれました」とそれぞれの演技の見どころを伝えている。