ヘイトスピーチで名誉毀損、二審も罰金刑

©一般社団法人共同通信社

 ヘイトスピーチで朝鮮学校の社会的評価をおとしめたとして、名誉毀損罪に問われた在特会元幹部(51)の控訴審判決で、大阪高裁は14日、罰金50万円とした一審京都地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。