加藤シゲアキ「最後まで見て答えを出して欲しい」雑誌記者役でドラマ出演

©株式会社マイナビ

アイドルグループ・NEWSの加藤シゲアキが、WOWOWで11月22日からスタートする上川隆也主演ドラマ『夜がどれほど暗くても』に出演する。

原作は中山七里。今回、加藤が演じるのは雑誌『週刊時流』の記者・井波渉。上川演じる『週刊時流』の副編集長で主人公の志賀は日々スクープを追いかけていたが、ある日、息子が犯した殺人事件を機に犯罪の当事者になってしまう。井波は報道の正義をめぐり上司である志賀と衝突するが、世間のバッシングを浴び、追われる側となった志賀を密着取材することになる。

加藤は「実際の事件などがモチーフとなっていることもあって、リアリティを感じました。 情報に左右されがちな昨今において、真実を追い求める難しさ。つい見失ってしまう、人としてのあり方。他者との関わりとは何なのか。この物語に込められた痛烈なメッセージに、強く胸を打たれました」と脚本を読んだ感想をコメント。

そして自らの役とドラマの魅力について「演じさせていただく井波渉は志賀とは上司と部下ですが、話が進むにつれて一般的な関係とは異なり、いびつなものになっていきます。スキャンダルを扱う編集者は一体どうあるべきか。何が正しいのか分からなくなる世界で葛藤する井波には、誰もが共感できるのではないかと思います。いつでもどこでも情報を手に入れられる現代で、自分で考える力を諭してくれる温かくも力強いドラマです。苦しい現実に立ち向かう登場人物たちの姿に、きっと勇気づけられるはずです。夜がどれほど暗くても―――。その後に続く言葉は何なのか。ぜひ最後まで観て、答えを出していただけたらと思います」と語っている。