ロッベン、現役復帰戦で負傷…重症の可能性も…

©フットボール・トライブ株式会社

アリエン・ロッベン 写真提供: Gettyimages

フローニンゲンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは再び引退する可能性があるようだ。13日、独紙『ビルト』が報じている。

13日に行われたPSVアイントホーフェン戦で1年4か月ぶりに実戦復帰したロッベン。約19年ぶりのフローニンゲンでのプレーとなり、ファンからは注目を集めていたものの、30分に負傷。途中交代を余儀なくされた。

この負傷に対して、ロッベンの再びの現役引退の可能性を質問されたダニー・バイス監督は「わからない。現時点では何も言えない。14日か15日にははっきりするだろう」とコメント。負傷は深刻なものである可能性が高いようだ。

なお、フローニンゲンはこの一戦で1-3の敗北を喫したものの、日本代表DF板倉滉はセンターバックとしてフル出場を果たしている。