友誼関税関、広西チワン族自治区初の「BtoB越境EC輸出」貨物通関

©新華社

友誼関税関、広西チワン族自治区初の「BtoB越境EC輸出」貨物通関

9日、輸出貨物を検査する税関職員。(南寧=新華社配信/鄧敏)

 【新華社南寧9月14日】中国広西チワン族自治区の南寧税関が管轄する友誼関税関はこのほど、物流大手の百世物流科技(ベストロジスティクス)が9日に申告した「企業間(BtoB)越境電子商取引(EC)輸出」海外倉庫の貨物情報審査が完了し、検査の上通関したと明らかにした。これは同自治区初のBtoB越境EC輸出海外倉庫貨物業務で、品目は文具、服飾品など生活用品計6.2トン、35万3千元(1元=約16円)相当だった。

友誼関税関、広西チワン族自治区初の「BtoB越境EC輸出」貨物通関

9日、貨物の情報を確認する税関職員。(南寧=新華社配信/鄧敏)

 BtoB越境EC輸出海外倉庫とは、域内企業がまず越境物流により貨物を海外の倉庫へ輸送し、越境ECサイトでの取引成立後、倉庫から域外の購入者に発送する方式を指し、略称は「越境EC輸出海外倉庫」。税関の管理コードは「9810」となっている。(記者/胡佳麗、朱麗莉)

9日、広西チワン族自治区初の「BtoB越境EC輸出」海外倉庫貨物を積んだトラック。(南寧=新華社配信/鄧敏)