NPB、来期予算は6億円減額

11月の日本シリーズ減収を想定

©一般社団法人共同通信社

オンラインで記者会見するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=14日午後

 プロ野球のオーナー会議と日本野球機構(NPB)の社員総会が14日、東京都内で開かれ、2020年度(20年10月~21年9月)の予算と事業計画が承認された。新型コロナウイルス感染拡大による観客数制限が継続しているため、今年11月の日本シリーズの収入を低めに想定し、予算は前期比で6億3千万円減額となった。

 今季は中止となったオールスター戦などは、例年通り開催することを想定している。議長を務めたDeNAの南場智子オーナーは、来季の経営状況について「今年1年で困難が全て終わるというのは楽観的過ぎる。コロナ禍の影響から解放されると想定している球団はない」と述べた。