ヴォルターズ、外国籍2選手獲得 契約済み3選手、合流までの特例

©株式会社熊本日日新聞社

 バスケットボールBリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズは14日、ともに米国籍でパワーフォワード兼センターのダニエル・オルトン(30)とクリストファー・オリビエ(28)を獲得したと発表した。

 Bリーグは今季、契約済みの外国籍選手が新型コロナウイルスに関わる入国制限で来日できない場合、別の外国籍選手と追加契約できる特例を設けた。新加入2選手との契約は、既に契約済みの3選手が入国してチームに合流するまでの予定。

 オルトンは身長208センチ、体重120キロ。米プロNBAのマジックやサンダーなどでプレーし、中国やレバノン、台湾のリーグを経て、昨季はB2越谷とB1富山に所属。富山では10試合中8試合に先発し、1試合平均で14・1得点、6・6リバウンド、2・2アシストをマークした。

 オリビエは身長202センチ、体重114キロ。グルジアやコソボのリーグでプレー経験があり、昨季はB2山形やB3チームに所属。山形では8試合全てに先発し、1試合平均で20・4得点、14・3リバウンド、2・8アシストだった。

 クラブを通じ両選手は「加入をうれしく思う。チームと共に一生懸命戦う」とコメントした。(植山茂)