菅長官、最後の会見 辞めたいと思ったこと「何回もある」

©株式会社神奈川新聞社

菅義偉氏

 菅義偉官房長官(衆院神奈川2区)は14日午前、官房長官として〝最後〟の定例会見に臨んだ。7年8カ月務めた官房長官を辞めたいと思ったことはあるかとの問いに「それはもう、何回もある」と本音を吐露。安全保障法制を巡る国会対応を例に「眠れないような時がたびたびあった」と語った。

 同日午後の自民党総裁選で新総裁への選出が確実視されていたため、在職中の出来事を振り返る質問が多く出された。菅氏は「一つが終わるとまた新しい課題が来る。それが国家運営だと痛切に感じている。政府の立場や見解を発信する貴重な機会であり、しっかり準備し、丁寧に誠実に臨んできた」と話した。

 失言の少なさから「鉄壁」とも評された答弁ぶりを「全てを発言しないで、ある程度余裕を持って説明するのがよかったのでは」と分析。一方で「その指摘は当たらない」との受け答えが説明不足と批判されたことには「そうしたことを含めて、会見はなかなか難しい」と振り返った。

 官房長官の連続在職日数は歴代最長で、この日の会見が臨時を含めて通算3213回目だった。