男性が貨物列車にひかれ死亡 真鶴・JR東海道線の踏切

©株式会社神奈川新聞社

 13日午前10時50分ごろ、神奈川県真鶴町風越のJR真鶴駅近くの踏切(警報機・遮断機付き)で、男性が新座ターミナル発沼津行きの貨物列車にひかれ、死亡した。

 神奈川県警小田原署が身元を調べている。

 JR東日本横浜支社によると、東海道線が小田原―熱海間の上下線で一時運転を見合わせ、旅客列車8本が運休、5本に最大約1時間20分の遅れが出て、約3500人に影響した。