あんかけ炒飯、広東風焼きそば… ローソンが神戸・南京町とコラボ、期間限定商品

©株式会社神戸新聞社

あんかけ炒飯(ローソン提供)

 中国の三大節句の一つ「中秋節」に合わせ、コンビニ大手のローソンは15日、近畿2府4県の2542店(8月末時点)で、神戸・南京町の料理人が監修したオリジナル商品4品を発売する。10月13日まで。南京町では同1~11日に中秋節を祝うイベントが開かれる。

 同社は神戸市と包括連携協定を締結。昨年から春節の時期に南京町とのコラボ商品を販売してきた。

 あんかけ炒飯(チャーハン)(税込み550円)は、豚肉、玉ねぎ、小松菜、キクラゲの入った中華あんが特徴。広東風焼きそば(同430円)は細切り豚ロースやチンゲンサイなど6種の具材が入り、熟成オイスターソースと焦がしネギ油で香ばしく炒めた。

 中華風おこわおにぎり(同150円)は焼き豚、タケノコ、干しエビなど5種類の具材で、もっちりした食感。中華風蒸しぱん(同140円)はクルミ入りのごまこしあんに生地を流し込んで蒸し上げた。(長谷部崇)