「関関同立」学長が共同声明…秋学期は対面授業、飲み会自粛求め

©株式会社イード

関西4大学学長共同声明

関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の関西4大学の学長は2020年9月14日、共同声明を発表。秋学期は対面授業を可能な限り実施する方針を決め、学生にはコンパや飲み会を自粛するなど感染拡大防止を求めた。

関西大学の芝井敬司学長、関西学院大学の村田治学長、同志社大学の植木朝子学長、立命館大学の仲谷善雄学長は、「新型コロナウイルス感染防止に関する関西4大学学長共同声明」を発表。新型コロナウイルス感染症の拡大で、国内の各大学は長期間にわたるキャンパスの閉鎖とオンラインでの授業実施という、これまで経験したことのない緊急対応を迫られた。4大学は、学生の学ぶ機会とキャンパスライフをできる限り保障していくことが、果たすべき責務であるとの考えを共有。適切な感染予防措置を講じたうえで、秋学期はキャンパスを可能な限り開放し、キャンパスでの対面授業とオンライン授業をあわせて実施していく。

しかし、学内外で学生同士が交流する機会が多くなることは、感染リスクが高まることにつながる。学生がキャンパスでの充実した学びを継続するため、また、学生、教職員、その家族の生命と健康を守り、地域における感染拡大を防止するために、学内外で行動する際に3つの密(密閉・密集・密接)を回避すること、コンパ・飲み会・食事会を当面自粛することを強く求めている。

ただし、行動に気を付けていても、感染の可能性はあり、感染者への誹謗中傷は決して許されることではない。それは、感染を隠すことにもつながり、結果的に感染拡大を招くこととなる。学生ひとりひとりが、感染拡大防止のためにどのように行動すべきかを真剣に考え、責任のある行動を取るよう呼び掛けている。

田中志実