シャープ「小さめサイズ」マスク新登場 欲しい!でも、普通のマスクでさえ...

©株式会社ジェイ・キャスト

毎回抽選の度に大きな話題となっているシャープ(大阪府堺市)のマスクに、小さめサイズが登場だ。2020年9月14日からECサイトで抽選の申し込みを受け付けている。

シャープのマスク「『不織布マスク(小さめサイズ)』<MA-1050S>」

喜びの声も上がる中、ツイッターには抽選前から、こんな書き込みが。「普通のマスクでさえ初回応募から未だに当たらないのに...」。

「より幅広いお客様のニーズに応える」

今回新たに登場したのは、「『不織布マスク(小さめサイズ)』<MA-1050S>」。20年4月末より販売している普通サイズの不織布マスクよりも小さく、女性や小学校高学年以上の子どもに適している。シャープの発表資料では「より幅広いお客様のニーズに応える」としている。

ツイッターには「小さいサイズ有り難い」、「嬉しい!」の書き込みが見られる。一方で、

「私じゃなくて母にと思ったけど、抽選だし当たるのいつか分からないしなぁ...」

と、応募する前から半ば諦めムード漂う投稿も散見される。普通サイズのマスクは毎回倍率100倍超えの人気で、いまだに入手できていない人も大勢いるのだ。

新マスクの抽選、今回は計5000箱が用意されている。

1箱50枚入りで、価格は2980円(税抜)。応募は20年9月22日正午まで。初回抽選は、翌9月23日に実施予定だ。

初回以降、抽選方式での販売を毎週実施する。なお、支払いはクレジットカードのみとなる。