乃木坂・高山一実「帯レギュラー欲しい」 ハードルは自他共に認める「滑舌」?それとも...

©株式会社ジェイ・キャスト

乃木坂46の高山一実さんは、グループの中では比較的テレビ出演の機会が多いメンバーとして知られる。民放キー局でレギュラー仕事も持っているのだが、自他ともに認める「滑舌」という弱点がある。

高山一実さん(2018年撮影)

冠番組「乃木坂工事中」(乃木中)最新回でも、このためにスタジオを笑わせていたが、この時課題として出された台詞「やっぱ帯のレギュラー番組欲しいよね」を実現するために超えるべきハードルとは何なのだろうか。

台詞を覚えてその場で...

「乃木坂工事中」(テレビ東京系)2020年9月14日放送回の企画の一つは、「乃木坂46が言ってそうGP」。視聴者からのアンケートで集まった、「メンバーが陰で言ってそうな台詞」(本当に言っているかどうかは別)をスタジオで即興で覚えて、いかに自然に言えたかを競う。高山さんは「やっぱ帯のレギュラー番組欲しいよね」という台詞を覚えてその場でしゃべったが、滑舌が苦手で「帯の」を「おぎの」と噛むなど2度台詞を噛んで失敗、3度目でようやく間違えずに言い切った。

高山さんは時々滑舌の悪さを自虐ネタにしている。18年には「『さしすせそ』が言えない」と言っていた滑舌改善のために「乃木中」で講師の指導で滑舌のトレーニングに挑戦、割り箸やストローを使った訓練で一定の改善が見られたようだったが、まだ時々失敗してしまうようだ。「帯やっちゃったらかなりきついですよ」というバナナマン・設楽統さんの突っ込みは、仕事が忙しくなる以上の気遣いがありそうである。

司会経験+αがほしい?

それでも高山さんは現在、クイズ番組「Qさま!!」(テレビ朝日系)で優香さんの代理ではあるが20年4月からさまぁ〜ずの2人とともにMCを務めている。また「オールスター後夜祭」(TBS系)でも有吉弘行さんとともに総合司会を務めており、トークや進行の経験を積んでいるはずなのだが、その場で台詞を覚えて演技する指示を受けた「乃木中」のように、どうやらアドリブを振られると弱いようだ。「一発勝負ですからね、緊張しますよね」と設楽さんもコメントしていた。

また「Qさま!!」にせよ「オールスター後夜祭」にせよ、複数の司会で進行する。「Qさま!!」に至ってはクイズを実況する清水俊輔アナの存在感も大きく、「さまぁ~ずはいらない」などという辛辣な感想がネット上に見られたことも。例えばかつての「笑っていいとも」のようなレギュラーでの番組出演者として活躍するには、大勢の出演者で回す番組での司会とは違うハードルがありそうだ。

「帯のレギュラー番組が欲しい」とは本当に高山さんが言っていたわけではないが、既に持っているレギュラー番組ではそつなくトークもできているのだから、今回の「乃木中」のようにいきなりアドリブを振られても対応できるような胆力さえつけられれば、滑舌もさらに克服して、本当に帯番組で仕事をつかめるまで幅を広げられそうである。

(J-CASTニュース編集部 大宮高史)