作業中に重さ計6トンの2本の鉄骨の下敷きに…18歳男性死亡 持ち上げていた"ジャッキ"外れ落下したか

©北海道文化放送株式会社

倉庫の建設作業をしていた18歳の男性が、2本の鉄骨の下敷きになり死亡しました。

死亡したのは、北海道札幌市豊平区に住む18歳の会社員の男性です。

9月15日午前11時10分すぎ、月形町の建設現場の工事関係者から、「作業員が鉄骨の下敷きになった」と119番通報がありました。

当時現場で作業をしていた、18歳の男性が一時鉄骨(長さ9.6m・重さ3t)2本の下敷きになり、病院へ搬送されましたが死亡しました。

警察や月形町によりますと、現場では野菜などの集出荷施設の建設をしていて、15日から鉄骨を使った工事が始まり、当時男性は2本の鉄骨をボルトでつなぎ合わせる作業を進めていました。

男性は台の上に置かれた鉄骨をジャッキで持ち上げてしゃがみながら作業をしていましたが、何らかの原因でジャッキが外れ、鉄骨2本が落ちてきたとみられています。

男性は1年半近く作業員として工事現場などでの勤務経験があり、当時周辺ではほかの作業員も一緒に作業にあたっていました。

警察は、当時の状況や鉄骨が落ちてきた原因などを詳しく調べています。