今週の秋葉原情報 - 大型NUCに8コアのCore i9モデルが登場、ミクカラーのボカロ向けスピーカも

©株式会社マイナビ

●B550のROGマザーボードに…カラバリ!?

B550のROGにカラバリ(?)の新モデル

ASUSの「ROG Strix B550-A Gaming」は、第3世代Ryzen向けのゲーミングマザーボード。ROGブランドながら、B550チップセットのためコストパフォーマンスに優れる。2.5GbEを搭載するなど、スペックは発売中の「ROG Strix B550-F Gaming」とほぼ同じで、ホワイトバージョンと考えても良いだろう。価格は23,000円前後。

BIOSTAR製のVGAカードが日本初上陸!

BIOSTARといえば日本でもお馴染みのマザーボードメーカーであるが、国内市場では初となるグラフィックスカード製品「VA5515RF41」が登場した。Radeon RX 550を搭載するショート基板のモデルで、HDMI、DisplayPort、DVIの3種類のグラフィックス出力を備える。TSUKUMO eX.での価格は8,998円。

ガチャッと連結して増設できるファン

Lian Liの「Uni Fan SL120」は、連結して増設できる12cmファン。結合部のコネクタから電力とARGB信号を供給するため、増設してもケーブルだらけにならないのが大きな特徴だ。専用コントローラには、最大4ファンまで接続可能。価格は、3個セット(コントローラ付き)が9,500円前後、増設用ファンが3,000円前後。

SATAを大量6ポート増設できるカード

AREAの「V6 NA」(SD-PE4SA-6L)は、SATAを6ポート増設できるPCI Express x4カード。HDDをたくさん使うなどして、マザーボード上のSATAポートが不足するときにあると便利だ。コントローラはASMediaの「ASM1166」で、大型ヒートシンクの搭載により、長時間の転送でも安定性を確保した。価格は5,500円前後。

●強力! Core i9搭載のIntel NUC

2.5GbE搭載のゲーミング無線ルーター

ASUSの「RT-AX86U」は、WAN/LAN兼用の2.5GbEポートを備えたゲーミング無線LANルーター。この2.5GbEとは別に、WAN用にGbE×1ポートも搭載。無線はWi-Fi 6に対応し、4,804Mbps(5GHz帯)+861Mbps(2.4GHz帯)の高速通信を実現しており、スマホゲームを優先的に処理する機能も備えた。価格は29,500円前後。

話題の大型NUCに8コアのCore i9モデル

Intelの小型ベアボーン「NUC 9 Extreme」に、上位モデルの「NUC9i9QNX」「NUC9i7QNX」が登場した。すでにCore i5-9300Hモデルは発売されていたが、これはi9-9980HK(8コア/16スレッド)モデルとi7-9750H(6コア/12スレッド)モデルとなる。利用には、OS、メモリ、ストレージが別途必要。価格はそれぞれ、178,500円前後と128,500円前後。

Thunderbolt 3を2ポート搭載するなど、小型ながら性能は非常に強力。さらに、ショート基板のグラフィックスカードを搭載すれば、高性能なゲームマシンにすることもできる。グラフィックスカードの搭載方法については、オリオスペックが動画で紹介しているので、興味があればそちらを参考にすると良いだろう。

オリオスペックの動画

6画面出力が可能な2段重ねの小型PC

ASUSの「Mini PC PB60G」(PB60G-B5233ZD)は、小型PCながら、グラフィックス出力を6端子も備えたモデル。本体は上下2段構成になっており、上段はCore i5-9400THDによるHDMIとDisplayPort×2、下段はGeForce GTX 1650によるHDMI、DisplayPort、DVIを搭載している。サイズは、175×175×70.2mm。価格は135,000円前後だ。

●TASCAM(TEAC)から初音ミクモデルのスピーカー

初音ミクカラーのボカロ向けスピーカ

TASCAM(TEAC)より、スピーカ2種類が新発売。初音ミクモデルの「VL-S3BT MIKU」と、鏡音リン・レンモデルの「VL-S3BT RIN LEN」で、それぞれ、本体カラーがミクブルー、リンオレンジ/レンイエローに仕上げられている。ツクモでの限定販売となっており、価格はどちらも19,800円。購入特典として、クリアファイルも付属する。

小型化したBluetoothワットチェッカー

ラトックシステムの「RS-BTWATTCH2」は、Bluetooth接続したスマホから消費電力を確認できるワットチェッカー。従来モデルは約95×55×37mm(約110g)だったが、新モデルは約68×52×34.5mm(約75g)と大幅な小型軽量化を実現した。Bluetooth接続なので、奥まった場所に設置しても、簡単に計測値を確認できる。価格は6,000円前後。

ゲームも動画も快適なHDMIアダプタ

AREAの「MS-LIHA02」は、iPhoneの映像をテレビに出力できるHDMIアダプタだ。新たに高速なメモリと一体化した「Spider Engine」を搭載しており、従来モデルから性能がアップ。MOVIEモードでは、フルHDを超える解像度で出力し、GAMEモードでは、ラグを最小限にできるという。東映ランドでの価格は2,750円。

ディスプレイに付けるスマホスタンド

エレコムの「P-DSCLPDBK」は、ノートPCの液晶ディスプレイに設置できるというスマホスタンド。スマホがディスプレイのすぐ横に見えるため、メールや着信などに素早く対応できるメリットがある。設置のクリップが対応するのは、厚さ25mmまでのディスプレイ。東映ランドでの価格は1,480円だ。