代表取締役に金岡克己氏 テイカ製薬、金岡会長は相談役

©株式会社北日本新聞社

 テイカ製薬(富山市荒川)は15日、10月1日付で金岡祐一代表取締役会長(92)が取締役相談役に退き、金岡克己取締役(64)が代表取締役に昇格すると発表した。経営体制の若返りを図る。松井竹史社長(79)は続投する。14日の取締役会で決定した。

 克己氏は東京大工学部卒。2009年にインテックの社長に就き、現在は特別参与。富山国際学園理事長や富山第一銀行取締役、県経営者協会長などを務めている。テイカ製薬では12年から現職。祐一氏の義理のおいに当たる。