東武東上線で人身事故 男性はねられ死亡…遮断機の下りた踏切内に立っていた 最大64分の遅れ/坂戸

©株式会社埼玉新聞社

東上線の踏切で男性がはねられ死亡=坂戸

 15日午前0時45分ごろ、埼玉県坂戸市薬師町の踏切で、同市の職業不詳男性(58)が東武東上線池袋駅発森林公園駅行き下り準急電車(10両編成)にはねられ死亡した。

 西入間署によると、男性は遮断機の下りた踏切内に立っているところをはねられた。持っていた運転免許証から身元が判明。乗客、乗員にけがはなかった。

 この事故で電車に最大64分の遅れが出て約40人に影響が出た。