2207. メルトラの城

©エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社

2020年9月15日(火曜日)薄霧のち晴れ時々曇り。27℃~16℃-17℃。降水確率1%-2%。湿度95%(7:45)55%(14:24)。紫外線量7。南東のち南の微風。

展覧会5日目。会場風景、知人のスナップ写真などをギャラリーキットハウスからメールで送って頂く。

__________________________________

『ポルトガル淡彩スケッチ 武本比登志・武本睦子・二人展』

2020年9月11日(金)― 23日(水)10:00-19:00(最終日は17:00まで)

9月17日(木)はお休み

Gallery キットハウス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東 3-13-7 電話 06-6693-0656

詳細はこちら▼

http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/01-art/kit/200923-kit-takemoto.html

____________________________________

『きょうのニュース』アントニオ・コスタ首相はCOVID-19からの回復で2030年までの見通しを説明。新たな規制策の詳細。新学期に向け教育相がキャスターの質問に回答。リスボン、ポルトのメトロなど公共交通機関の危険性。プロエンサ・ア・ノーバの山火事はオレイロス県とカステロ・ブランコ県を跨ぐ1万5000ヘクタールの火災で、354台の消防車と4機の航空機で消火にあたり90%が鎮火。リスボン裁判所でフットボールリークス裁判。スペインのマドリッドで病院関係者のストライキ。

『COVID-19』によるポルトガルの死者は4人増え1875人、感染は425人増え6万5021人、重症は478人、重篤は59人、回復は177人増え4万4362人。北部の死者は589人、コインブラ地区は254人、リスボン地区は706人、アレンテージョは22人、アルガルベは19人、アソーレスは15人、マデイラは0人。

『昨夜の映画』は

ヘアー』(Hair)1979年。アメリカのミュージカル・戦争・コメディ・ドラマ映画。121分。監督:ミロス・フォアマン。原作:1968年のブロードウェイの同名ミュージカル。ベトナム戦争に徴兵された田舎の青年とニューヨークのヒッピーたちの交流が描かれる。ベトナム戦争の最前線に向かうこととなったオクラホマの純朴な青年、クロード(ジョン・サヴェージ)は、2日後の出征を前にニューヨーク見物をすることに決めた。ニューヨークに着いた彼は、そこでヒッピーたちの奔放なパフォーマンスを見せつけられ、圧倒される。そして召集令状を火にくべていたバーガー(トリート・ウィリアムズ)らの一団と出会い、フランクな彼らに迎えられて行動に加わった。そんなクロードは、公園で見かけた馬上の令嬢シーラ(ビヴァリー・ダンジェロ)に魂を奪われてしまう。何としても彼女に心を打ち明けたいクロードの気持ちを察したバーガーは、彼のためシーラの豪邸に出向いてパーティーに潜り込み、滅茶苦茶にしてしまう。その爽快感から豪邸を抜け出したシーラはクロードとすぐに心を打ち明け合い、LSDに酔いながらヒッピーたちの中で結ばれる。そしてクロードはネバダの軍キャンプに送られるが、彼とシーラはどうあっても再会したい思いをバーガーに訴えた。バーガーは一計を案じてクロードと入れ替わりキャンプに向かうが、運悪く出動命令が兵士たちに下った。再会を終えて戻ったクロードは、バーガーが前線に送られたことを知る。やがて平和を願ったバーガーの戦死報告が届き、ヒッピー仲間たちはホワイトハウスを取り囲んで怒りと悲しみを唄い、その輪を広げてゆくのだった。(Wikipediaより)

サムシング・ワイルド』(Something Wild)1986年。コメディ・ロマンス映画。114分。監督:ジョナサン・デミ。NYのエリート会社員チャールズ(ジェフ・ダニエルズ)の体制へのしがない反抗はランチの無銭飲食や新聞の万引き。それをルル(メラニー・グリフィス)に見つかって、彼女に引きずられての車の旅に出たチャールズ。途中、酒屋に寄った彼女は堂々と強盗を働くが、彼は全く気づかず、モーテルでちょっとアブノーマルなSEXを体験、すっかり彼女の虜になって、ダサいスーツに着替えて、その実家を訪問する。そこでチャールズは彼女の夫として振る舞うことに。他に:レイ・リオッタ

「ポルトガル淡彩スケッチサムネイルもくじ」

2091-2210 1971-2090