駿河太郎『恐怖新聞』で初共演の白石聖を絶賛も「世代が違い過ぎて…」

©株式会社フジテレビジョン

9月19日(土)23時40分~より、白石聖主演、フジテレビ系オトナの土ドラ『恐怖新聞』第4話が放送される。

Twitterでは、毎話トレンド入りし、「怖いが過ぎる」「聖ちゃんの演技に引き込まれる」と話題になっている。

本作は、未来に起こる災厄を予言し、読むたびに寿命が100日縮むという恐怖新聞が届くようになった女子大生・詩弦(白石)の、死と隣り合わせの悪夢を描く新感覚ルール系ホラー。

駿河太郎演じる篠崎林太郎は、不可解な事件や事故の現場に現れる冬夜(猪野学)の存在にいち早く気づき、単独で事件の関連性を調べ始める京都東警察署の刑事だ。

篠崎林太郎(駿河太郎)

第1話で篠崎は、事件の関係者として詩弦と出会う。その登場シーンで、篠崎は爪楊枝をくわえているのだが、それは駿河の発案(プロデューサー談)。

ゆるっとした服装も相まって一瞬で “マジメな刑事”ではないことが見てとれる。第2話では、恐怖新聞の存在を知り、公園での刺殺事件後、負の連鎖を止めようと、詩弦に「手を組まないか」と持ち掛け、第3話では、新たな事件を防ごうと奔走する詩弦に協力している。

今のところ、詩弦にとって敵か味方かわからない篠崎は、今後、恐怖新聞が持つ力を知って変化していく…そんな篠崎を、駿河がどう捉え、演じているのか話を聞いた。

<駿河太郎 インタビュー>

――『恐怖新聞』のオファーが来たときの心境は?

まず、中田(秀夫)監督が演出ということで「久々一緒にやりたいな」と思いました。

俺、コロナで3ヵ月以上仕事してなかったんですよ。「連ドラいつ始まんねやろ?」って思っていた時期やったから、そういう時にこのお話いただいたんで「そりゃもう、やります、やります、喜んでやります」みたいな(笑)。

――台本を読んだ印象と、 篠崎という役どころについて教えてください。

最初に読ませていただいたのは、全7話中4話まで。原作をきちんと現代にリブートして書いている脚本だったし、自分の役柄も面白そうだったし、何より、「これを中田さんが撮ったら、より一層面白くなるだろうなぁ」と期待が膨らみました。

篠崎は、ちょっとアウトローというか、一匹狼的な刑事なんですが、なぜそうなったかっていうのは、話が進むにつれてわかってきます。元は敏腕刑事だったけど、何かがあって廃れていったというか。

でもそこは最初あんまり出さない方がいいのかなと思ったので、1話や2話では、単に型破りな刑事に見えていればいいかなと思って演じていました。

台本上、標準語のとことかコテコテの関西弁のとこは、自分なりに言い方を変えさせてもらったりしています。

あと、詩弦に対する篠崎の呼びかけが、台本では「あなた」だったんですけど、関西弁では「君(きみ)」のほうが関係性が遠く、冷たく感じられるので、詩弦から見て篠崎が不気味な存在に見えたらいいなと思って「君」に変えさせてもらいました。

――白石聖さんの印象は?

白石さんとは初共演なんですけど、しっかりしてますよね。22歳には見えないです。あの若さで座長で、疲れた顔ひとつ見せないなんて、すごいよね。

ただね、会話は続かないですよ、世代が違い過ぎて何しゃべったらいいかわからない(爆笑)。

役的にもガッツリ入る間柄じゃないから「あんまり仲良くなりすぎてもな」っていうのもあるし。

左から)小野田詩弦(白石聖)、篠崎林太郎(駿河太郎)

役的にも誰かと一緒にいることは少なくて、いきなりポンと1人で出てきて、ちょっとしゃべって、さっと去るっていう感じなんで、現場では「1日1シーンの男」って呼ばれています(笑)。

今回は全編京都ロケなので、ずっと京都に泊まっているんですが、1日休みとかがあると、地元が神戸なので西宮に戻ったり。役者は空き時間も多いので、空いた時間をどう活用するかっていうのは常に考えていますね。

――中田監督とは、ドラマ『クロユリ団地』(2013年/TBS)ぶりとなりますか?

はい。監督の印象はそのときと変わらないですね。ただ、役者って1回やった監督ともう1回やれるときって、すごく楽しいんですよ。すごくうれしいし、会っていなかった期間に自分が培ってきたものを監督に見てもらう作業になるので「俺はいろいろ経験しましたよ」というのを今、見せているつもりです。成長を見せられているかどうかは監督の判断なので、わからないですけど(笑)。今、それを楽しんでいます!

――ホラー作品は得意ですか苦手ですか?また、その理由は?

実は、あまり得意ではなく、進んで見ることはないですね。別に血が怖いとかはないんですけど、いきなりワッとやられるのが嫌なんですよ。

「ホラー」って言うとゾワっとしちゃうので、今回のドラマは「ホラー・サスペンス」ぐらいに思っています。立ち位置的にも刑事なので、いきなり危害を加えられるとかではなく、何かを解いていく側。どちらかというと視聴者と近い目線なのかな。

もし自分に恐怖新聞が届いたら、次の契約者はどうしよ…あ、新聞を見なければ寿命は縮まらないんだから、届いても、その辺にそっと置いて、ずっとためときます、積ん読(つんどく)みたいに。で、不幸なニュースがテレビで流れてきても、そのどれが当てはまっているのかもわからないまま終わっていくので、それが1番平和っちゃ平和かな(笑)。

左から)篠崎林太郎(駿河太郎)、蜷川冬夜(猪野学)

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

白石さんは、若いのに座長として連日熱心に撮影に臨んでいます。現場としても京都独特のアットホームな雰囲気で、コロナの状況下でもチームとして気持ちをひとつにやってくれています。

それもやっぱり白石さんが座長として見せてくれている姿のおかげだと思うので、まずは彼女に注目していただきたいです。

篠崎は、ちょこちょこしか出てきませんけど(笑)、4話では「こんな警察おったら嫌やな」って展開になっていくかもしれません。楽しんでいただけたらなと思っております。

左から)蜷川春海(福地桃子)、篠崎林太郎(駿河太郎)

第4話では、恐怖新聞の秘密が明かされる。そして、恐怖新聞の力を知った篠崎は…。第3話を見逃した方、篠崎の爪楊枝姿をもう一番見たい方は、FOD をチェック !

<第4話あらすじ>

詩弦(白石聖)は、冬夜(猪野学)からベランダ越しに話す青年は隣人・片桐ともをではなく、恐怖新聞を届ける鬼形礼(坂口涼太郎)であること、また、恐怖新聞から逃れるには、誰かに新聞紙に名前を書かせればいいと知る。

さらに、勇介(佐藤大樹)と親友・桃香(片山友希)の関係を知り…。