7台限定! 存在感ある漆黒の「BMW X7 Edition Dark Shadow」受注開始

©株式会社マイナビ

ビー・エム・ダブリューは9月15日より、同社のスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデル「BMW X7」をベースにしたBMW Mモデル「BMW X7 Edition Dark Shadow(エックスセブン・エディション・ダーク・シャドウ)」の受注を、BMWオンライン・ストアにて開始した。日本国内においては7台限定での販売となる。納車開始は、本年末頃を予定している。

「BMW X7」は、高級感溢れる威風堂々としたデザインと、ラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、最大7人乗りを可能とするSAVとしての高い実用性を備えたモデル。存在感溢れるボディ・サイズ、堂々たる佇まいを備えたエクステリア・デザインを備え、ロング・ホイールベースによる余裕があり乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる室内空間や、路面状況を各ホイールのセンサ―で感知し車高を自動調整する4輪アダプティブ・エア・サスペンションを採用するなど、最高級SAVとしての要件をすべて満たしている。

今回導入の限定モデル「BMW X7 Edition Dark Shadow」は、存在感ある漆黒をテーマにしたBMW Mモデル最上級のSAV。BMW Mパフォーマンス・モデル「BMW X7 M50i」をベースに、外装を専用のダーク・エレメントで統一し、スポーティかつインパクトなエクステリア・デザインとなっている。インテリアにおいては、専用のナイト・ブルーをあしらった高品質な内装空間が、夜を彩る特別かつラグジュアリーな世界観を演出している。

右ハンドル仕様で、メーカー希望小売価格(税込)は1,860万円。

なお、同モデルの成約記念品として、清水焼の丈夫窯・加藤丈尋(たけひろ)氏による飾り皿を提供する。同社の最高峰SAVであるBMW X7の限定車「Edition Dark Shadow」をインスパイアし、銀暈皿を制作。黒釉を施し、1,240℃で焼成したものに、銀を塗り重ね仕上げる作品となる。銀を使い、水の流れ、風の流れ、陰影を表現した。