ベトナムの留学生が英語授業サポート&部活動&書道体験も…「楽しかった」北海道内19の高校で国際交流

©北海道文化放送株式会社

北海道教育委員会は、北海道内の高校生と海外からの留学生が交流を図る取り組みを行っていて、9月16日から札幌市の高校をベトナムからの留学生が訪れています。

海外からの留学生と北海道立高校の交流事業は、高校生たちに国際交流への関心を深めてもらう目的で2年前から続いています。

札幌東商業高校には北海道大学で日本の歴史などを学んでいるベトナムからの留学生 ヴ・リンさんが訪れました。

9月16日から3日間、英語の授業をサポートするほか、部活動にも参加して生徒たちと交流します。

16日は自己紹介のあと、書道の授業に参加しました。

参加した留学生:「楽しかったです」

この交流は、北海道内19の高校で行われます。