ZOTAC、GeForce RTX 3090とRTX 3080の搭載グラフィックスカード

©株式会社マイナビ

ゾタック日本は、NVIDIA GeForce RTX 3090搭載グラフィックスカード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3090 Trinity」と、NVIDIA GeForce RTX 3080搭載グラフィックスカード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 Trinity」を発表した。価格はいずれもオープンプライス。前者は9月24日から、後者は9月17日から発売する。

いずれもNVIDIA Ampereアーキテクチャ採用のGPUを搭載するグラフィックスカード。新しい11枚のブレードファンを搭載して従来製品から10%エアフローを増加させ、ヒートシンクデザインの調整やヒートパイプレイアウトの改良を実施した新しい冷却機構「IceStorm 2.0」を採用し、より高い性能を実現するという。

共通の仕様として、バスインタフェースにPCI Express 4.0 x16を採用。映像出力端子にDisplayPort 1.4a×3とHDMI 2.1×1を搭載し、どちらの端子でも最大8K(7,680×4,320ドット)/60pでの画面表示をサポートする。いずれも補助電源に8pin×2が必要。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3090 Trinityの主な仕様として、CUDAコアを10,496ユニット搭載し、ブーストクロックは1,695MHz。VRAMに24GB GDDR6Xを搭載し、メモリインタフェースは384ビット、メモリスピードは19.5Gbps。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 Trinityの主な仕様として、CUDAコアを8,704ユニット搭載し、ブーストクロックは1,710MHz。VRAMに10GB GDDR6Xを搭載し、メモリインタフェースは320ビット、メモリスピードは19Gbps。