ASUS、Windows 10 IoT CoreデバイスでMicrosoftと提携

©株式会社マイナビ

ASUS JAPANは9月16日、ASUS IoTビジネスユニットと、Microsoft Windows 10 IoTグループの提携を発表した。提携に合わせてASUSのARMベースのエッジコンピューター「PE100A」と「IMX8P-IM-A」向けに、Windows 10 IoT Coreベータ版をリリースする。

ASUSとMicrosoftは2020年第3四半期末までに、リリース済みのWindows 10 IoT Core全機能をPE100AとIMX8P-IM-Aで利用できるよう協力して取り組みを行っており、今回の提携もその一環。

PE100Aは小型、低消費電力、高いパフォーマンスを完璧なバランスで設計したというASUS AIoT製品ラインの第1弾エッジコンピューター製品の1つ。ARM64アーキテクチャをベースとしたNXP i.MX 8Mを内蔵してWindows 10 IoT Coreをサポートする。

IMX8P-IM-AもPE100Aと同様、ARM64アーキテクチャをベースとしたNXP i.MX 8Mを内蔵するPico-ITXシングルボードコンピューター。MIPI CSI、MIPI DSI、40ピンGPIOポートを備え、Windows 10 IoT Coreベータ版OSもサポートする。

いずれも産業用製品で、低消費電力とスケーラブルなパフォーマンスでデータの集約や処理、ゲートウェイとして使用可能。既存のWindows 10 IoT Core開発ツールを活用することで、市場投入までの時間を短縮できるとしている。