プロ意識の塊!スポーツを観る人に元気を与えるチアリーダーの知られざる努力

©株式会社リグネ

時々テレビで目にすることのある「チアリーダー」や「チアリーディング」。いつも笑顔でスタイルも抜群のパフォーマンスの素晴らしさに驚かされることが多いですよね。最近流行った「チア部」という漫画や映画の影響もあり、近年は若い世代に大人気のチアリーディングやプロとして活動しているチアリーダーもいます。

職業として生計を立てていくにはどうしたらよいのか、収入面に関することは不透明です。実際にプロとしての活動経験がある人の体験談とともにご紹介します。チアリーダーを目指している方、必見です!

チアリーダーって?実際の仕事内容は?

チアリーダーとは

チアリーダーってなに? という問いに一言で回答するならば「自チームの選手を応援して鼓舞し士気を高めること」なのではないでしょうか。本来の目的とは多少ずれるかもしれませんが、近年はそのパフォーマンスの美しさや、ダイナミックさに惹かれチアリーディングそのものの人気が上昇し、注目されているスポーツとなっています。

特にプロとして活動する場面は、プロ野球チームやプロサッカーチームの試合の現場でおこなわれるパフォーマンスです。選手の士気だけではなく、現場に応援に来ているサポーターやファンの士気も高めることにより、さらなる応援合戦ともなります。

チアリーダーはまさに「美しきサポーター、応援団」といえますよ。両チームの応援合戦も白熱すると、試合会場は熱気と興奮の渦に巻き込まれることでしょう。選手やファンが一丸となって会場を作り上げるそのけん引役ともいえるのが「チアリーダー」です。

チアリーダーの年収はどのくらい?収入面はどうなってるの?

チアリーダーの収入は「日当制」

チアリーダーは、その華麗なるパフォーマンスを提供するために、日々のトレーニングや訓練を怠れない、大変な職業でもあります。ですが、その実態としてなかなか報われないのが「収入」です。

チアリーダは多くの場合、「日当制」です。その所属しているチームや団体により多少の前後はありますが、おおよそ1〜2万円のことが多いです。

日当そのもので捉えると、比較的高い方ではありますが、実際にはパフォーマーとして演技した時のみが出勤日として取り扱われるため、その日数により収入は前後します。

チアリーダーの年収は?

年収としてはよい方で200万ほどと言われています。実際のところ、100万円代がおおよそを占めているのが現状です。チアリーダー本場のアメリカでは「ボランティア」となっていることも多いようで、チアリーダー専属で生計を立てるのは難しく、主婦業のかたわらだったり、家事手伝いや、ほかにアルバイトをしながらチアリーダーをやっていることが多いです。

特に掛け持ちチアリーダーの場合は、チアリーダーとしての練習日や試合日との予定を調節しやすい職種を選ぶことが重要となってきます。

チアリーダーは引退後の方が収入を得られる?

このように書くと収入に関してはあまりよいイメージを持ちにくいかとは思いますが、プロとしてチアリーダーの経歴があると、引退した後でもそのまま芸能事務所に所属するきっかけとなったり、自分自身でチアリーディングチームを立ち上げたり、キッズチームのコーチとして活躍することができる将来につながります。

現役チアリーダーのときよりも、引退後のほうが活躍できたり、収入を得られているチアリーダーも多いといわれています。

チアリーダーに資格は必要?あると有利な経歴は?

チアリーダーになるには

チアリーダーとなるのに資格は不要です。チアリーディングをしていること自体が「チアリーダー」というならば、何かしらのチームに所属し、チアリーディングをしていることがチアリーダーになったともいえるでしょう。

しかし、プロとしてのチームに所属し、定期的な収入を得ることができる人を「チアリーダー」と呼ぶならば、基本的にはプロ野球球団や、サッカーのJ1やJ2チームに所属されるサポートチームに所属する必要があります。

プロのチームに所属するならば、日本の場合は基本的にプロのチームに付随するキッズや、ジュニアチームからの繰り上がりが多いです。目標とするチームがあるならば、それらの抱える前段階のクラスチームに所属することが有利条件となるでしょう。

チアリーダーになるのに有利な経歴は?

そのために必要な経歴といえば、なんといっても「ダンス経歴」です。最低限のポジショニングやリズム感、周囲との協調制は必要です。ダンス自体のジャンルは問われませんが、部活などで「チアリーディング部」に所属していると多少有利な傾向はあるそうです。

特にクラブチームの場合、演技力ももちろんですが、お客さんや選手を元気にすることも目標としていますので、その笑顔や演技力の「明るさ」や「元気さ」をアピールできることが強みになるといえるでしょう。

また、人前で演技するときに華やかさや美しさが求められる職業でもあります。日々のスタイルキープの努力をしていたり、メイクやヘアメイクの特技があることも有利な条件といえそうです。

チアリーダーに向いている人とは?

笑顔と元気さがある人

チアリーダーは、なんといっても「美しき応援団」なので、1番求められることはお客さんの前でも物怖じせず、笑顔で元気はつらつとできることだといえます。

演技力や体力に自信のある人

そのほかにも、優美で華麗な演技力と、少なくとも見ている人を不快にさせないようなスタイルをキープすることも必要です。1回の試合中に、何度も演技をするので、それらをしっかりとこなせる体力と精神力も求められます。そのような理由から、比較的若い世代が歓迎される傾向があります。

ですが、スポーツの試合は、デイゲームだけではなくナイトゲームもあるので、プロとして活動するのに年齢制限を設けているチームもあります。

「笑顔が素敵で体力があり、人前でも堂々と振る舞えることができる」ことがチアリーダーに向いている人といえるでしょう。

人前で緊張してしまう場合はどうしたらいい?

反対に、あまり向いていない人といえば緊張すると動けなくなってしまったり、表情が固くなってしまう人でしょう。また体力が少なく短時間のあいだに何度も踊ることができない人は、プロとして活躍するには少し難しいかもしれません。

現段階で、プロとして活躍するのに難しさを感じているならば、上記のようなことを克服できるようなフィジカルトレーニングを積んでみたり、メンタルトレーニングをしてみるとよいのではないでしょうか。

チアリーダーとして活躍するには?クラブチームに所属していた人の経験談

筆者の知人にも、以前J1のクラブチームに所属し、ホーム試合のときに、チアリーダーとしてパフォーマンスをしていた経歴を持つ方がいましたので、その時の経験談を伺うことができました。

早い段階でダンスのスキルを磨いた方がいい?

彼女は幼稚園のときからLDHのダンスレッスンに通っていたほど生粋のダンスっ子でした。小学生に入り、彼女と仲良しな先輩がチアリーディングを始めたことをきっかけに地元のチアリーディングチームに所属するようになりました。

チアリーディングはチーム競技で、近年では全国的に競技人口が増え、人気のスポーツとなってきました。幸い彼女が所属していたキッズチームは、全国でも比較的強豪といわれているチームで、何度か全国大会にも出場した経緯もあるそうです。

プロチームへの所属後、地元チームとの違い

その頃から、プロとしてのチアリーダーの活動を意識し始めたようです。きっかけとして、地元のサッカーJ1チームのチアリーディングチームのジュニアチームのオーディションを受けることになりました。

地元のチアリーディングチームに所属していた頃と大きく変わるのは、大勢のサッカーファンの前で踊る機会があること。また、演技をするフィールドも今まで演技していたステージよりずっと広いところになるので、演舞するときに求められるスキルも変わってきます。

今まで以上に動きのダイナミックさを求められるようになり、笑顔ももちろん忘れてはいけません。また、数時間のうちに何度か演技をしなくてはいけないので、スタミナと体力も求められます。

プロのチームに所属すると本格的なレッスンが必須になる

必要とされるトレーニングや体のメンテナンスも変わってきます。スタミナを向上させるフィジカルトレーニング、体幹のバランスを整える専門のトレーナーによる筋肉トレーニングやマッサージを受け始めたのは小学校高学年の頃だったようです。

この頃になると、もうチアリーダーの選手としての生活といってもいいくらいの日常生活でした。彼女の両親にもチアリーダーの選手としてふさわしい環境を整えてもらうためのサポートを、全面的にバックアップしてもらったようです。

チアリーダーとして、スキルアップのために新体操を始めたり、バレエも習得する必要が出てきたようで、1日にひとつの習い事では曜日が足りず、1日に2種目のお稽古をはしごしていたこともありました。大会が近くなるとさらにスケジュールは過密になります。友人と遊ぶ暇もなかったようです。

さらに中学校はチアリーディング部のある大学までの一貫女子校に通うことになりました。中高生の時は部活とクラブチームでの活動で放課後と休日はほぼ全て埋まってしまったそうです。

その甲斐あり、クラブチームでの活動も順調にキッズ→ジュニア→ ユース →サテライト→トップチームへと昇格し、夢であったチアリーダーのプロとしての活動をするに至りました。

チアリーダーとして活動する?大学在学中の分岐点

大学在学中にチアリーダートップチームに所属することにはなったのですが、その頃からクラブチームでの活動に限界を感じるようになってきたようです。

他のチームへ転向するか、チアリーダーとしての活動を一旦終えるか悩んだようです。しかし、小さい頃からの彼女の両親との約束が医者になって家業を継ぐこと、チアリーダーだけの収入だと生活できないことを身をもって体感し、医学の道に進むことになりました。

現役引退後のチアとの関わり方

現在は医師として働いていますが、その時間外には相変わらずダンスチームに所属しながら、趣味の延長としての活動を継続しています。また、スポーツドクターでもあるので、特にチアリーダー育成には熱心に力を注いでいます。

プロチームで活躍するチアリーダーとしての道からは途中で離れてしまっても、経験をいかしてチアリーダーに関わる仕事をすることができています。実際に演技をする側ではなく、いろいろな関わり方があるというわかりやすい一例ですよね。

チアリーディングの基礎を学ベる1冊

チアリーディング 完全上達BOOK (コツがわかる本!)

作者: 岩野 華奈
出版社: 出版日: 情報なし

『チアリーディング 完全上達BOOK(コツがわかる本!)』は、実際にチアリーディングの競技者として活躍していた「岩野 華奈」氏が監修したチアリーディング本です。

チアリーディングをおこなう上で習得していると有利になるテクニックや、演技の構成、日々のトレーニングについてなどが紹介されています。

自分自身のバイブルとして参考にするのはもちろん、チアリーディングのチームとして参考にできる1冊となっています。

基礎から応用、連続技にいたるまでを網羅した内容となっていますので、「もっとうまくなりたい!」と思っている現役競技者にもおすすめできる内容となっています。難しい技などのポイントも詳しく解説されているので、「まずは頭で理解する」ために参考にするにはもってこいだといえます!

本気でチアリーダーを目指す。引退後の活躍方法も知れる1冊

チアリーダーズ ライフ 自分が元気になる! 人を元気にする!

作者: 植村 綾子
出版社: 出版日: 情報なし

こちらの書籍はチアリーディング協会の植村綾子氏が執筆した書籍です。クラブ活動からプロとしてのチアリーダーになるために必要なことや道しるべになるような内容がまとめられています。

著者である植村綾子さんは、実際にXリーグのチアリーダーとして活躍していた経歴があります。現在は横浜ビー・コルセアーズチアリーダーズ「B‐ROSE」プロデューサー兼ディレクターとして、若きチアリーダーたちの育成をおこなっている方です。

実際の経験談や体験談をもとにした内容なので、本気でプロを目指す方にはとても参考となる1冊となるでしょう。

選手生命が短いともいわれているチアリーダーですが、その引退後にもチアリーダーとして活躍した経歴の活かし方までも触れられています。チアリーダーをめざす方だけではなく、いま現在チアリーダーとして活躍している方にもおすすめできる1冊です。

あるチアダンスチームの実話を基にした小説

チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実 (角川文庫)

作者: 円山 夢久
出版社: 出版日: 情報なし

こちらの書籍は、2017年3月に公開された映画『チア☆ダン』の原作作品です。

映画版では広瀬すずさんや中条あやみさん、天海祐希さんが主演となり、とくにチアリーディングをやっている方たちから絶大な人気を誇る映画となりました。

この書籍は実在する福井県立福井商業高校のチアリーダー部の顧問の先生の目線から書かれた原作小説です。(映画内では、天海祐希さんが演じる「早乙女薫子」の視点となります)

チアのド素人の部員たちを、さらなる高みへと導くためには手段を選ばないチア部顧問の「五十嵐先生」の鬼教師っぷりが時に笑い、時に涙し、生徒たちとの奮闘と成長が描かれています。

事実をもとに書かれているので、そのリアリティはとても胸に響くものがあり、読み終わった後の熟読感はさることながら、その高揚感からもう一度読み返してしまいたくなるような感覚に襲われます。

青春とスポーツを一気に感じたい、そんな人にもおすすめの1冊となっています。

チアリーダーという仕事だけで生計を立てていくには多少難しいのが現状です。しかし、チアリーダー引退後にもさまざまな活躍の道があったり、長く楽しめるスポーツとして、とても人気のあるのが「チアリーディング」であり、それを表現するのが「チアリーダー」です。

スポーツの応援に関してはまぎれもなく花形であり、選手やサポーターの士気を高めるうえでは欠かせない存在です。現役引退後も視野に入れて活躍することもできます。チアリーダーを目指しているあなた、興味のある方はぜひ一度おすすめした書籍も手に取ってみてくださいね。