香港で新型コロナのコミュニティー検査終了、累計178万人が検査―中国メディア

©株式会社 Record China

香港で14日午後8時ごろ、コミュニティー検査センターが次々と閉鎖され、14日間に及ぶ香港地区新型コロナウイルス・コミュニティー検査普及計画が正式に終了。累計約178万3000人の住民が登録・検査を終えた。新華社が伝えた。

香港特区政府の報道官は、「今回の計画は、短期間で香港地区の検査能力を大幅に高めた。大陸部から約570人のPCR検査支援スタッフが応援に駆け付け、日夜を問わず『火眼実験室』で仕事を続け、無事任務を終えた。特区政府は、検体採取に携わってくれた6000人余りの医療スタッフと学生および支援業務を担当してくれた4000人余りの現職・退職公務員にも感謝の意を伝えたい。彼らはそれぞれ、高度な専門能力を発揮し、心を込めて任務に尽力し、市民に質・効率ともに高いサービスを提供してくれた」とコメントした。

香港では7月5日以来、新型コロナウイルス感染拡大の第3波が発生した。新規感染者は主に香港地区内で感染したケースで、しかもほとんどが感染経路不明だった。

香港特区政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は8月21日、「9月1日から新型コロナウイルスのコミュニティー検査普及計画を始動し、検査を希望する市民に対して1回の無料検査を実施し、コミュニティー内でのウイルス感染経路を速やかに遮断し、香港の経済・市民生活を回復させる」と発表した。

特区政府の報道官は、「今回の検査計画はひとまず終了したが、特区政府は今後も、特定の層やハイリスク層を対象とする検査を拡大する方針で、感染防止対策を緩めることはない」としている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)