相続税対策は二次相続まで考えて行いましょう

©株式会社ブレイク・フィールド社

一次相続だけを考えると、配偶者の税額軽減をフルに使った方が有利

夫が亡くなって、相続人が妻と子2人の場合を想定します。相続財産額が1億6000万円以内であれば、配偶者が全財産を相続すれば、相続税はゼロで済みます。

これに対し、法定相続分で分けると、配偶者が相続する全財産の2分の1には相続税がかかりませんが、子が相続する全財産の2分の1(子1人分4分の1×2人分)には相続税が課せられます。これだけを見ると、配偶者が全額相続した方が節税になっているように思えます。

二次相続まで考えると

しかしながら、いずれ配偶者自身が亡くなって、子に財産を相続しなくてはいけない時期がやってきます。相続税対策というのは、今ある資産をできるだけ多く、子孫に残すことが目的です。

子の世代になって税負担が増えてしまっては、全体で見たら相続税対策は間違っていたということにもなりかねません。

ケースA 一次相続で全て配偶者が相続し、二次相続で子2人に法定相続分を分配する場合

ケースAの場合、一次相続では相続税を支払う必要はありませんが、二次相続では子2人で1840万円と多額の相続税を支払うことになります。それは、相続財産額が増えれば増えるほど相続税額が大きくなる超過累進課税方式をとっていることによります。

大きな金額を一度に相続するより、相続を二度に分け、金額を小さくした方が税金の総額が小さくなる傾向にあります。

また、二次相続では配偶者の税額軽減が適用できないことおよび法定相続人が1人減るので、基礎控除額が小さくなることも影響しています。

注)相続税額計算
二次相続
(10800万円×1/2)×30%-700万円=920万円

ケースB 一次相続・二次相続とも法定相続分どおり分配する場合

一次相続・二次相続とも法定相続分で分配した場合は、一次相続665万円、二次相続395万円、計1060万円となり、総額ではケースAより安くなります。

これはケースAで述べた、相続税が超過累進課税方式によること、一次相続で子に相続させたことにより、二次相続での相続額を減らしたことが影響しています。

注)相続税額計算
一次相続
(10200万円×1/4)×15%-50万円=332.5万円
二次相続
(3300万円×1/2)×15%-50万円=197.5万円

ケースA/Bの比較

改めて下の表にまとめましたが、ケースAとケースBを比較するとケースBの方が、780万円も安くなっています。配偶者の税額軽減があるからといって、一次相続で配偶者に全ての財産を相続させる方法に飛びついてはいけないということがお分かりいただけたかと思います。

執筆者:浦上登
サマーアロー・コンサルティング代表 CFP ファイナンシャルプランナー

The post first appeared on .