発起人・山田孝之の新プロジェクトで志尊淳、柴咲コウ、水川あさみら初監督に挑戦!

©株式会社シネマトゥデイ

山田孝之

俳優の山田孝之阿部進之介らが手がける新プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」が正式に始動、16日に東京国際フォーラムで行われた同プロジェクトの記者会見では、安藤政信志尊淳柴咲コウ水川あさみら俳優陣が短編映画で監督デビューを果たすことが発表された。

【写真】山田孝之、映画『ステップ』で見せる父親の顔

俳優を目指すすべての人に、学びとチャンスを提供するため、山田、阿部らが発起人となり、2017年にスタートしたサービス「mirroRliar(ミラーライアー)」の新たな企画として始まる本プロジェクト。一流監督から一般クリエーターまで、36人の映画監督による短編オムニバス映画が4シーズンに分けて製作され、1stシーズンは2021年夏に全国劇場公開となる。以降、シーズン2、3、4と3か月ごとに公開。4シーズン公開後には映画祭が開催される予定で、発起人の山田、阿部以外の監督作品34本の中からグランプリ作品を選出し、500万円の賞金が授与される。

全36本の中には、一般公募12本のほかに、俳優・映画監督24名によるオリジナル作品が含まれるが、この日の会見ではその24本のうち、山田、阿部、安藤、志尊、柴咲、水川のほか、井樫彩紀里谷和明野崎浩貴福永壮志藤井道人山下敦弘の12名の監督の名前が発表された。

山田は、「僕も(竹中直人、齊藤工との共同監督作『ゾッキ』で)少しだけ撮らせていただきましたが、カメラの前と後ろでは見えてくるものや、苦労とかも違ったのでとてもワクワクしました。これから俳優をやるにしても、監督の立場、苦労を知ることは大事なことなので。よりみなさんの映画愛が強くなることを期待しています」と期待を寄せる。

すでに参加監督から「孝之、出てよ」といったオファーがいくつもあるというが、「でもそれらに全部出たら映画が山田だらけになる。だからバランスをとるためにも、僕の(監督)作品には(自分は)出ないと思います。逆に別の監督をキャスティングしようかな。そういうのも面白いんじゃないかなと思っていますね」と笑ってみせた。(取材・文:壬生智裕)

「MIRRORLIAR FILMS」で初監督に挑戦する俳優陣および山田孝之、阿部進之介のコメント

■安藤政信
自分がいつか監督をするだろうとは心のどこかで想ってました。ただその時がいつだかはわからず。この場所で出逢った仲間の山田孝之や伊藤主税さんたちによって連れてきてもらえたのだと思います。この出逢いをはじまりに映像演出に関わっていきたいです。

■志尊淳
色んなことに挑戦したい。普段役者としての立場から行っている物づくりを違う立場から、監督という目線から0から触れてみたい。俳優をやっている中で、徐々にこの気持ちが強くなっていきました。でもまさかこんなに早くできるとは思ってなかったです。どんな形であれ、クリエイティブという観点で役者の仕事に還元できるようなことを感じたいと共に、自分が感じる心内を作品を通してお伝えできたらなと思います。支えてくださる方々に感謝の気持ちを持ちながら楽しく作品作りをしていきたいです。

■柴咲コウ
「なんだかワクワクする」純粋なその想いだけを手掛かりに、やったことないことに挑戦してみるのも良いのかもしれない。「やりたいけど、やり方がわからない」そういったことも、人が集まれば、できることがたくさんあるのだろう。

■水川あさみ
わたしの同級生であり、友だちであり、尊敬する役者仲間でもある山田孝之から面白い話をもらいました。監督やらない? って。仕事でいちばん関わる立場なのに、いちばん未知の領域。自分が監督をやるなんてまったく思ってもみなかったけど、毎度、刺激と勇気をくれる山田孝之が誘ってくれるならチャレンジしてみようと、不安と期待が入り混じっております。

■阿部進之介
僕にとって劇映画は「ここでは無い、でも地続きにある、手の届かない、どこかの世界の物語」であり、子どものころから魅せられてきた没入できる世界です。そんなパラレルワールドのような世界を、監督として創れるなんてとても幸せです。想像と創造を忘れずに楽しみたいと思います。

■山田孝之
与えられたのは自由な表現の時間。制限が無いと聞けば、人は自分で制限をどんどん増やすから面白い。予算は? 日数は? 人数は? 機材は? 納品は? 自分一人スマホを片手に佇むこともできるし、熟考の末予算を増やし結集させることもできるだろう。5分~15分の短い時間の意味は、強さも弱さも全てを含めた己との戦いから始まる。既に100で恐れているから未来は明るい。