女優・杏が『偽装不倫』で女優復帰!その多才ぶりに迫る!

©株式会社リグネ

過去にはパリコレに出演するなどモデルとしても有名な杏。徐々にテレビドラマや映画に出演し、朝ドラ『ごちそうさん』や『偽装不倫』などの主演女優として大人気の存在となりました。一方、得意のイラストとともにエッセイをてがけ、ギターの弾き語りを披露するなど様々な才能を開花させています。この記事ではそんな杏が演じた役柄と作品について紹介します。

杏のプロフィールを紹介!モデルから始まった女優への道、出産を経て『偽装不倫』で復帰!

2015年に俳優の東出昌大と結婚し、3児の母である女優・杏。父が渡辺謙、兄弟も俳優としてデビューするといった華やか環境で育ちました。

女優として有名な杏ですが、15歳でデビューして間もない頃はモデルとして活動していました。当時から身長が高く、抜群のスタイルを生かしてパリコレにも出演したほど。

2007年にテレビドラマ『天国と地獄』で女優デビューを果たします。出演作は徐々に増え、2011年には『名前をなくした女神』で連続ドラマ初主演を飾りました。

女優としてキャリアを積み重ねていく中で、NHKドラマの出演も注目を集めます。大河ドラマには『天地人』『平清盛』に出演しました。また、2013~2014年にかけて放送された朝ドラ『ごちそうさん』ではヒロインに抜擢。食べ物をテーマとした作品でまっすぐで愛情深い女性・め以子を演じ、話題を呼びました。

その朝ドラでの演技が功を成し次々と主演作品に恵まれます。2016年に『オケ老人』で映画初主演を果たしたのち、出産を経て4年ぶりにテレビドラマ『偽装不倫』で女優復帰しました。

1986年4月14日に生まれ、2020年9月現在34歳になります。子育てと両立しながらますます演技力に磨きをかけていくことでしょう。

読書家としても知られ、10年以上ナビゲーターを務めていたラジオでは、本について語ることもありました。詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

女優・杏はかなりの読書家!杏がラジオでおすすめした本を厳選して紹介!

歴女、ギター、イラストなど、多才な女優・杏の魅力

芸能界デビューからしばらくはモデルとして活動していた杏。徐々にテレビドラマ・映画に出演し、やがて主演級の女優となりました。彼女の女優としての深みを増しているのは、演技以外の知識や才能を磨いているからかもしれません。

特に知られているのは「歴女」だということ。

杏はかなりの歴史好きで休日には神社や史跡巡りをするそう。歴史小説をよく読み、特に新選組のファンです。小さい頃の夢も「着物を着て絵を描く人になる」と語っていました。彼女が古風な映像作品に多く出演している印象を持つのも、原点はここにあるのではないでしょうか。

さらに杏は趣味の一環としてギターを弾きます。

コロナ禍での自粛生活中に、加川良の「教訓1」をギター弾き語りでカバーした動画を投稿しました。自分のできることをしようと、一生懸命演奏したこの動画は感動の嵐。過去には劇中で歌を披露したこともあります。音楽の才能によって演技の幅を広げられたのです。

また、実はイラストが得意という一面もあります。

ある女性雑誌で表紙のイラストを手掛けたことも。また杏のエッセイにもこだわりのイラストがたくさん取り入れられました。ほのぼのとした絵は杏の人柄を感じさせ、読者からも大人気です。

このように杏の魅力は歴史や音楽、イラストなど何にでも興味を持つところにあります。日ごろから取り組んでいることが自然と女優としての実力に繋がっているのです。

杏のイラストを実際に見てみたい方はこちらの書籍もおすすめ。朝ドラや人気出演作の裏側が綴られています。彼女のこだわりがたくさん感じられる1冊です。

杏の気分ほろほろ (朝日文庫)

作者:
出版社: 出版日: 情報なし

【ライターおすすめ】杏が1番輝く『オケ老人!』

主人公の高校教師が老人のアマチュアオーケストラ「梅が丘交響楽団」に入団します。さらに指揮者を任され、団員たちと困難を乗り越えながら成長していく物語。

映画では杏は主人公の小山を演じています。彼女は指揮者になることを前向きに考えていませんでした。しかし、団長の野々村や憧れの指揮者・ロンバールとの出会いで徐々にやる気に。

1番の魅力はやはり小山の成長していく姿です。最後の演奏会での指揮は思わず「ブラボー‼」と叫びたくなる堂々とした佇まい。杏の役作りがとても生かされています。

また、小山から時々漏れる心の声や老人たちとのやりとりはとてもコミカル。クスッと笑える杏の表情にも注目です。

ここからは、杏の出演作のなかから原作がありものを順に紹介していきます。

【映画原作】杏が女子高生を演じる『櫻の園』(2008年)

『櫻の園』は『海街diary』の生みの親、吉田秋生による漫画作品。女子高校の演劇部員たちの物語です。

彼女たちは悩みながらも成長していきます。また男の子への恋のトキメキは学生時代を思い出させてくれます。

この作品は2008年に映画化されました。実は1990年版の映画をリメイクしたもので、キャストはもちろん内容も変わっています。2008年版では演劇部員が昔上演された『櫻の園』の台本を見つけ、封印を解くかのように再公演を目指します。

初映画出演で小笠原葵を演じる杏。演劇部の一員で、陸上の才能もあり女子の憧れの的でした。

原作の絵はどこか古風で何よりも繊細。大人でも懐かしく思い返して読める作品です。

櫻の園 完全版 (花とゆめCOMICSスペシャル)

作者: 吉田秋生
出版社: 白泉社
出版日: 2013年09月05日

【映画原作】披露する美声に注目『グッドドリームズ』(2010年)

『グッドドリームズ』は菅知香が手掛けた、バンドをテーマに描かれる青春ストーリー。女子高生のアサコは友達にライブに連れて行かれました。そのときに見たバンド・ルーツが好きになります。

そして、ある日彼らの打ち上げに見事潜入できました。驚くことにボーカルのタクヤと付き合うことに。アサコの熱い夏が始まります。

後に『BANDAGE バンデイジ』として赤西仁主演で映画化。90年代のバンドブームを背景とし、エネルギッシュな魅力に満ち溢れています。

杏はアサコの友達・ミハルを演じています。彼女はアサコをバンドの世界に引き込む存在。また、劇中で歌とギターを披露しました。カッコいい姿に惹かれます。

熱い青春物語を楽しみたい方におすすめの1冊です。

グッドドリームズ

作者: 菅 知香
出版社: 出版日: 情報なし

【映画原作】摩訶フシギな忍者役に挑戦『落第忍者乱太郎』(2011年)

漫画『落第忍者乱太郎』の舞台は戦国時代。猪名寺(いなでら)乱太郎が一流の忍者を目指して忍術学園に入学しました。忍者のたまごを育てるその学園には、個性的な生徒たちや教員がいます。乱太郎率いる愉快な仲間たちがくり広げる物語です。

『忍たま乱太郎』として大人気のアニメは老若男女に幅広く愛されている作品ですが、2011年には実写映画にもなりました。

豪華キャストの中、若いシナ先生役を務める杏。シナ先生は学園のおばあさん先生で、怒ると美女に変身するという面白い役です。衣装とメイクでリアリティ溢れるシナ先生を演じています。

テンポがよく、何度読み返しても楽しめる要素満載。子ども向けの物語ですが、大人でも満足できる漫画シリーズです。

落第忍者乱太郎 (1) (あさひコミックス)

作者: 尼子 騒兵衛
出版社: 朝日新聞社
出版日: 情報なし

【映画原作】杏がリケジョに変身!『プラチナデータ』(2013年)

『プラチナデータ』はサイエンスフィクションとミステリーが織り交ざった、東野圭吾による小説です。

遺伝子情報から犯人を探り出すシステムを操作する警察庁特殊解析研究所の神楽。しかし彼はそのプログラムのせいで追われる身になります。

きっかけは天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作がされた事件。解析した結果、犯人像が神楽とそっくりだったのです。

2013年には映画化が実現。杏は神楽が勤める研究所の解析員・白鳥を演じています。眼鏡をかけ、いかにもリケジョに見える白鳥。杏の知的な雰囲気が生かされています。

同映画は大ヒットを記録し、香港・台湾・シンガポールでも公開されることになりました。ミステリー好きの方だけではなく、SF作品によく触れる方でも楽しめる1冊です。

作者・東野圭吾のそのほかのおすすめ作品はこちらの記事で知ることができます。

東野圭吾の文庫で読めるおすすめ作品ランキングベスト15!2020年新刊も

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

作者: 東野 圭吾
出版社: 幻冬舎
出版日: 2012年07月05日

【映画原作】殺人事件のキーパーソンを演じる『真夏の方程式』(2013年)

『真夏の方程式』は大人気作家東野圭吾の小説。物理学者・湯川学が緑岩荘という旅先で遭遇する事件が描かれています。

湯川は仕事で玻璃ヶ浦に調査で宿泊するため、緑岩荘を訪れました。しかし、そこで宿泊客の変死体が発見されます。その死体は元刑事で、玻璃ヶ浦にゆかりのある殺人犯にまつわる過去の事件を捜査していたのです。

旅館に預けられていた少年・恭平や旅館経営者の娘・成実など、登場人物も気になるところ。

テレビドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾で、2013年に公開。杏は成実を演じています。彼女は環境保護活動に懸命に取り組み、同時に物語の鍵を握る女性。こんがり焼けた小麦肌の新たな一面が見られます!

ミステリーだけではなく、科学と人間の共存についても大きなテーマとなっている1冊です。

真夏の方程式 (文春文庫)

作者: 東野 圭吾
出版社: 文藝春秋
出版日: 2013年05月10日

【映画原作】映画初主演を務めた『オケ老人!』(2016年)

『オケ老人!』は荒川源の小説。老人だらけのアマチュアオーケストラの「梅が丘交響楽団」(梅響)でくり広げられる物語です。

高校教師の中島がレベルの高い「梅が丘フィル」(梅フィル)に入るつもりが誤って梅響に入団してしまいます。さらに団員たちから頼まれ、指揮者になることに。

ハチャメチャな演奏から成長できるのか。梅フィルの存在からロシアの有名な指揮者の登場までスケール大きい展開にも注目です。

2016年に杏主演で映画化されました。原作では主人公は男性でしたが、映画では小山という女性教師。

杏は役作りのためにバイオリンの猛練習をしたそう。小山にとってバイオリンは自分の原点。指揮に挑戦する上でとても大切なものでした。

音楽が好きな方やコミカルな物語が好きな方におすすめの作品です。

オケ老人! (小学館文庫)

作者: 荒木 源
出版社: 出版日: 情報なし

ここからは、テレビドラマの紹介です。

【テレビドラマ原作】大河ドラマ初出演。美しい妻を演じる『天地人』(2009年)

戦国時代に越後国を治めた上杉家。かの有名な謙信の後を継いだ、上杉景勝を支え続けた家臣・直江兼続の物語が『天地人』です。

幼い頃から一緒にいることが多かった兼続と景勝。やがて武将となった景勝に忠誠を誓い続ける姿が魅力的です。豊臣秀吉の家臣への誘いも断ったほど。

また石田三成との友情も描かれています。景勝が力を入れた米沢の城下町発展も支えました。

2009年に大河ドラマとして放送されました。杏は愛姫として登場。愛姫は伊達政宗の妻で穏やかな献身的な女性です。また歴史好きの杏にとってこの出演はとても嬉しかったそう。

直江兼続の心に残る言葉が綴られている火坂雄志の1冊。戦国時代が好きな方にもおすすめの作品です。

天地人〈上〉 (文春文庫)

作者: 火坂 雅志
出版社: 文藝春秋
出版日: 2010年04月09日

【テレビドラマ原作】杏が犯人に繋がるヒントを持った女性!?『新参者』(2010年)

「このミステリーがすごい!2010年版」「2009ミステリーベスト10」をダブル受賞。東野圭吾による大人気ミステリー小説『新参者』。

刑事の加賀恭一郎が主人公の物語。彼は東京・日本橋署に異動してきました。人形町で発見された40代女性の死体。彼は手がかりを探すために住民たちに聞き取り調査をします。

たくさんの人々のからみ合いから事件の真相を探るミステリーです。

テレビドラマでは阿部寛が加賀を演じました。持ち前の洞察力で謎を紐解いていきます。杏は上川菜穂という女性役。彼女は美容師で、捜査線上に名が挙がる田倉との関わりが。第1話のみ出演となりました。

事件関係者がたくさんいる分、情報量に比例してスリルがあるところが見どころです。

新参者 (講談社文庫)

作者: 東野 圭吾
出版社: 講談社
出版日: 2013年08月09日

【テレビドラマ原作】花とともに映える杏が見られる「分身」(『ため息の時間』所収)(2011年)

『ため息の時間』は唯川恵による全九篇収録されている恋愛小説。なかでも「分身」は2011年に放送の『世にも奇妙な物語』で映像化されています。

主人公の田崎は妻の志保と2人暮らし。彼女は趣味のガーデニングがきっかけでメールのやり取りを始めました。その相手は暮林英二。実は彼は田崎自身だったのです。

田崎は妻が男からのメールにどんな反応を示すか気になり、つい成りすましてしまいました。しかし、このメールが衝撃の結末を生み出すきっかけに。

杏はこの志保を演じました。優しくて穏やかな女性で、夫を愛する妻です。花とともに杏はとても美しく映っています。

この小説の持ち味は女性の艶やかさ。男性目線の女性の魅力が描き出されています。主人公たちと同様、働き盛りや家族持ちの男性に共感してもらえる作品です。

ため息の時間 (新潮文庫)

作者: 唯川 恵
出版社: 新潮社
出版日: 2004年06月27日

【テレビドラマ原作】主演を務めた杏自身の愛読書『前世への冒険~ルネサンスの天才彫刻家を追って~』(2011年)

著者の森下典子はある日、自分の前世が彫刻家だと知り興味を持ちました。そしてイタリアへ旅立つことに。 芸術家の仕事や作品を目の前にした思い、自分の前世を追っていく姿が綴られています。

2011年に放送されたテレビドラマ『フィレンツェ・ラビリンス~15世紀の私を探して』。杏が記者役で主演を務めました

彼女自身もこの著書を愛読していたそう。大好きがゆえに作品に対する思い入れも強く、撮影もとても充実していたと語っています。

テレビドラマも著書も触れてみると、今すぐに旅に出たいと思うかもしれません。歴史好きの方だけではなく、旅行好きの方にもおすすめです。

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って (知恵の森文庫)

作者: 森下 典子
出版社: 光文社
出版日: 2006年09月05日

【テレビドラマ原作】杏は主人公の婚活を支える女性役『猫弁~天才百瀬とやっかいな依頼人たち~』(2012年)

『猫弁~天才百瀬とやっかいな依頼人たち~』は大山淳子によるミステリー小説です。

主人公の百瀬太郎は弁護士。彼は東大卒の超天才、でも見た目は残念という個性的な人物なのです。しかも事務所は猫だらけで事務員たちも呆れているぐらいです。

そんな百瀬法律事務所に依頼が。それは「盗まれた霊柩車を取り戻してほしい」というものでした。彼の天才脳で事件を解決へと導きます。

2012年に『猫弁〜死体の身代金〜』として映像化。 吉岡秀隆が百瀬を演じました。彼は実は婚活で30連敗中の一面を持っています。彼の婚活を支える結婚相談所の職員・大福亜子を杏が演じました

彼女も百瀬の残念ぶりには呆れている様子もちらほらと。2人のやりとりや関係性が面白おかしく、気になるところです。とても和やかな物語なので、ミステリーが苦手な方でも読みやすいのでおすすめです。

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

作者: 大山 淳子
出版社: 出版日: 情報なし

【テレビドラマ原作】杏が主人公の婚約者に!?『猫弁と透明人間』(2013年)

「猫弁」の百瀬太郎がくり広げるシリーズ第2弾。彼は猫が大好きで事務所は猫がいっぱい。天才ですが、抜けている部分もある弁護士です。

そんな彼には不思議な依頼が次々と届きます。今回は「タイハクオウムが心配で昼も眠れない」というもの。しかも驚くことに依頼主は透明人間だったのです。

注目するべきは百瀬と結婚相談所の大福の関係。2人は婚約することになりました。まるで小学生みたいな恋模様は見ていてもドキドキしてしまいます。

テレビドラマで前作に引き続き、杏は大福を演じます。彼女は恋愛には奥手で、共感できる女性が多いのではないでしょうか?

百瀬の優しさが感じられることも1つの魅力となっている大山淳子の作品です。独り寂しい夜でもこの小説を読めば心温まること間違いなしです。

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

作者: 大山 淳子
出版社: 出版日: 情報なし

【テレビドラマ原作】まったく違う事件が繋がってしまう『レベル7』(2012年)

宮部みゆきのミステリー。行方不明の女子高生の謎と記憶をなくした男女2人の背景が繋がるとき、殺人事件の謎が紐解かれます。

カギとなるのは「レベル7」という言葉。女子高生は「レベル7まで行ったら戻れない」と言葉を残し、男女の腕にも「レベル7」の文字が浮かびます。

2012年に宮部みゆきの作品を映像化するテレビドラマシリーズの内、この作品は最終夜に放送されました。

記憶を喪失した女を演じる杏。目覚めると玉木宏が演じる男の姿が。そして「レベル7」が腕に刻まれていました。彼女の渾身の演技に注目です。

まったく別にみえる事件が繋がっていく展開はスリルを感じます。そして謎が解けたときの爽快感が魅力の1冊です。

レベル7(セブン) (新潮文庫)

作者: 宮部 みゆき
出版社: 新潮社
出版日: 1993年09月29日

【テレビドラマ原作】注目すべきコスプレ姿の杏が見られる『XXXHOLiC』(2013年)

CLANPによるファンタジー作品。2013年に放送のテレビドラマ『ホリック~xxxHOLiC~』の原作です。

アヤカシが見える四月一日君尋(わたぬききみひろ)は願いを叶えると言われる怪しい屋敷(ミセ)にやって来ます。店主の壱原侑子と出会い、そこで働くことに。

ミセの客は不思議な力を持った者ばかり。果たして四月一日は願いを叶えることができるのでしょうか?

テレビドラマで杏は侑子を演じています。華やかな衣装を身にまとい、凛とした佇まいや落ち着いた動作を意識したそう。どこか母性を感じられるところにも注目です。

テレビアニメでも話題の作品。現実では味わえない不思議な世界観を見られます。

×××HOLiC・戻(1) (KCデラックス)

作者: CLAMP
出版社: 講談社
出版日: 2013年10月23日

【テレビドラマ原作】きっぱり発言する姿がすっきりする『不祥事』『銀行総務特命』『銀行狐』『仇敵』『銀行仕置人』『かばん屋の相続』(2014年)

杏主演の『花咲舞が黙ってない』の原作が『不祥事』ほかの小説。あの大人気銀行マン・半沢直樹を生み出した池井戸潤が手掛けています。

トラブルを抱えた支店へ出向いて業務改善する東京第一銀行・臨店班。そこに所属する花咲舞は正義感があり、芯の強い若手社員です。かつて上司だった相馬健とのコンビで問題を解決していきます。

『不祥事』以外の他5作品は違う人物が主人公です。これらのプロットがテレビドラマ化されました。人情溢れる池井戸潤の作品はつい感情移入してしまいます。

杏は舞の正義感や行動力を引き出しています。また、彼女の強さをどう表すかこだわったそう。男社会のメガバンクで新しい風を吹かせた誰もが憧れる存在です。

痛快で読み終わった後の爽快感も魅力です。半沢直樹とはまた違ったヒロインがくり広げる作品です。

作者・池井戸潤についてより詳しく知りたい方は。こちらの記事もおすすめです。

池井戸潤のおすすめ文庫作品ランキングベスト14!経済×エンタメが面白い!

新装版 不祥事 (講談社文庫)

作者: 池井戸 潤
出版社: 講談社
出版日: 2011年11月15日

【テレビドラマ原作】豪華キャストが勢揃い!三谷幸喜が脚本を担当した『オリエント急行の殺人』(2015年)

『オリエント急行の殺人』は「ミステリーの女王」アガサ・クリスティが手掛けた名作。

ヨーロッパを走り抜くオリエント急行で起こった殺人事件。金持ちのアメリカ人男性の死体が見つかったのです。名探偵エルキュール・ポアロがこの事件の捜査にあたります。列車の乗客から犯人を探し出す推理小説です。

2015年にはスペシャルテレビドラマ『オリエント急行殺人事件』が放送されました。また、三谷幸喜が脚本を担当したことも話題に。

豪華キャストが勢揃いの中、杏は安東伯爵夫人として登場。原作ではアンドレニ伯爵夫人にあたります。事件の証拠品であるハンカチの持ち主として浮上。ドレス姿がとても魅力的です。

プロットの面白さはこの作品の1番の魅力。さらに国際色豊かな登場人物たちが物語をさらに彩っています。

アガサ・クリスティについて他の作品も気になる方は、こちらの記事もおすすめです。

アガサ・クリスティを読めばミステリーがわかる!読んで損なし名作5選

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

作者: アガサ クリスティー, Christie,Agatha, 能三, 中村
出版社: 出版日: 情報なし

【テレビドラマ原作】杏が凄腕女性刑事を熱演「クロハ」シリーズ(2015年)

女性刑事・クロハが事件を紐解くミステリーシリーズ。日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した『プラ・バロック』、『エコイック・メモリ』、『衛星を使い、私に』、『アルゴリズム・キル』の4作品です。

先の読めないトリックやつい引き込まれてしまう展開が魅力です。読み進めるとクロハの過去もわかります。

2015年には『クロハ~機捜の女性捜査官~』としてテレビドラマ化されました。レンタルコンテナから14人の男女の死体が見つかる事件。シリーズのうち、『プラ・バロック』をもとにしています。

杏はこの凄腕刑事・クロハを演じています。持ち前のスタイルの良さが生かされていて、とてもカッコよく映っています。

結城充考による「クロハ」シリーズは斬新なミステリー小説に出会いたい方におすすめです。

プラ・バロック (光文社文庫)

作者: 結城 充考
出版社: 出版日: 情報なし

【テレビドラマ原作】30歳独身OLが運命の相手と出会う『偽装不倫』(2019年)

『偽装不倫』は東村アキコによる漫画作品。30歳独身OLの濱鐘子(はましょうこ)の恋物語です。彼女は派遣社員でおひとり様生活。その傍ら婚活疲れになっていました。

疲れを癒そうと韓国旅行を計画し一人旅へ。しかし、往路の飛行機で青年・パクジョバンヒと出会います。

イケメンの彼を目の前にし、鐘子はつい「既婚者」だと嘘をついてしまいます。そしてお互い気になる存在になり、その何気ない嘘から偽装不倫することに。

主人公の鐘子を演じた杏。子育てと両立しながら4年ぶりだったドラマ撮影を見事にこなしました。ジョバンヒ役の宮沢氷魚は杏の変わらない美貌に惹かれてしまったそう。恋愛に少し消極的な鐘子に共感できるテレビドラマです。

タイトルにも含まれる「不倫」のドロドロは感じられず、楽しく読めるラブストーリーです。気軽に読みたい方におすすめです。映像化されるたびに話題になる作者・東村アキコについて知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

東村アキコのおすすめ漫画作品14選!『東京タラレバ娘』などヒット連発!

偽装不倫 1 (BUNSHUN COMICS×YLAB)

作者: 東村アキコ
出版社: 出版日: 情報なし

【出演作品一覧】杏の出演映画・テレビドラマには知られざる名作も

女優としてキャリアを積み上げていけばいくほど人気作も増えている杏。その裏では絶え間ない努力をしているはずです。

ぜひ原作を手に取って出演作品を楽しんでみてください。彼女の人柄や才能、努力が感じられます。