劇団ひとり 池上彰氏に番組を乗っ取られた過去「気がついたら、番組も外されて」

©株式会社ジェイプレス社

15日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、お笑いタレントの劇団ひとりが、池上彰氏に番組を乗っ取られた屈辱を語った。

番組では、爆笑問題の田中裕二が新型コロナウイルスに感染し、療養中ということで代打としてひとりが登場し、太田光と共演すると定番となっている煽り合いをしながらトークを繰り広げた。

その際、太田に「お前に進行なんかできるわけねえけどな。池上彰に変えようかな」とイジられ、10年ほど前に、ひとりの冠番組として始まった『学べる!! ニュースショー!』(テレビ朝日系)のメインMCを池上氏に奪われた話題となった。

ひとりは当時の様子について「池上さんは、ワンコーナーを担当するパネラーだったんですよ、それが、『面白いね』みたいな感じにちょっと、なりつつあって『おや?なんかおかしいぞ』って」と語った。

危機感を持ち始めたひとりは、起死回生のネタとして、大沢あかねとの結婚報告を番組内でしたが「結果が(視聴率)6%(笑)。はい、メインが池上さんになります~」と全く振るわなかったと明かし、爆笑を誘っていた。

最終的には、メインMCどころから番組自体からも外されるようになり、ひとりは「気がついたら、番組も外されて。恥ずかしいよ、本当に」「前代未聞でしょうね」と悔しさをにじませた。最初は、ひとり冠番組ということで、母親が局に貼られたポスターを撮影しに来たこともあったそうだ。しかし、だんだんと脇に追いやられていくと、母親から「省吾は脇に座ってるけどそれでもメインなんだよね?」という連絡までもらったとのこと。

ひと通り話を聞いた太田は「凄いよな、そういう意味では、よくそれ耐えてきたよな。俺だったら自信なくして辞めてるね」とコメント。さらに「数字持ってないってレッテル貼られちゃった訳だから」と言うと、ひとりは「お前も大して持ってないね!!」と反撃したのだった。

なお、ひとりからメインMCを奪った池上氏の番組は、現在も『池上彰のニュースそうだったのか!!』(同)として現在も続いている。