“経験豊富”再入閣 菅内閣に上川法務相 静岡

©テレビ静岡

第99代総理大臣に菅義偉さんが指名されました。

そして閣僚名簿が発表され、静岡県内からは静岡1区選出の上川陽子議員が法務大臣に再登板します。

「はいよろしくお願いします。うかがいます。総理大臣の秘書官からお電話がありまして、今から官邸に来るようにということで」

16日午後、上川陽子衆議院議員のもとに入閣を知らせる電話が入りました。

加藤官房長官「法務大臣上川陽子」

3度目となる法務大臣への就任です。

上川陽子法務相 「(菅首相からは)これまでの実績もあるので、しっかりと取り組んで頂きたいということで。国民の皆さんの安全安心、今、様々な形でコロナの問題もありますので、そうした不安を除くように全力で取り組むということ、そのことを丁寧にやって参りたいと思います」

当選6回の上川議員は2007年に少子化担当大臣として初入閣し、第二次安倍政権では2度法務大臣を務め、オウム真理教の松本智津夫元死刑囚など幹部の死刑を執行しました。

堅実な布陣となった菅内閣で、経験豊富な実力派の再登板となりました。

地元の人 「女性で前回もオウムの事を一生懸命やってくれたので適任だと思う」

別の人 「オウムの件でそこで終わりかと思いましたが、再登板ということですからがんばってほしい」

午後6時前から皇居で認証式が行われ、正式に菅内閣が発足します。