JR九州 貝塚地区に新駅検討 九大キャンパス跡地の利便性向上へ 福岡市

©テレビ西日本

JR九州が、福岡市東区にある西鉄と地下鉄の貝塚駅近くに新しい駅の設置を検討していることが分かりました。

新駅の設置が検討されているのは、福岡市東区のJR鹿児島線・箱崎駅と千早駅の間の区間で、近くには西鉄貝塚線と市営地下鉄の貝塚駅があります。

このエリアでは九大箱崎キャンパス跡地の再開発事業が進んでいますが、最寄りのJR箱崎駅まで約1キロ離れているため、利便性の向上が課題となっていました。

2019年10月には、住民らの代表が福岡市に新駅の整備をJR九州に働きかけるよう要望し、市はJR九州などと協議を進めています。

新駅には、乗り換えができるよう貝塚駅との間を橋で結ぶ計画もあって、人口増加が進む福岡市東部エリアの交通アクセスの向上も期待されています。