【ドラ恋インタビュー】糸原美波 「本気で演技して、本気で恋愛する!」

©株式会社ジェイプレス社

ABEMAの、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』が、9月26日からレギュラー配信される。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。

新シーズンでは、 “ベッドの上で起こる男女の恋物語”というテーマ設定で、若手俳優たちが“全話ベッドシーン”という本格的な恋愛ドラマに初挑戦する。さらに、今回は若手俳優たちが共同生活を行い、主役の男女1組のペアが決定するオーディションの前日に、選ばれた1組のみが「同棲ハウス」にて一晩を共にすることができる新ルールが追加された。そんなシーズン史上最も過激な舞台に挑む男女8名に話を聞いた。

--初めまして!

糸原美波です、女優業がメインで、高校生の時から舞台を中心に活動してます。最近は映像の方でも活動してます。

--シリーズ史上最も過激なドラ恋ですが意気込みは?

ドラ恋が好きで、全シーズン見てました! 大ファンだったので「ドラ恋に出れる」って嬉しくて! キスシーンは、まだ芝居でした事がなかったので、そこは勉強になるなと思ったのですごく楽しみですし、良い出会いも、恋愛もやってこれなかったので、張り切ってます。

--ベッドシーン抵抗は?

「全話ベットシーンかい!」って思いました (笑)キスシーンもしたことないのに……

--共同生活での撮影は?

同世代の役者の子たちと一緒に住んで話し合えるという意味では、戦友が出来た感じで楽しかったんですけど、共同生活がこんなに大変なんだっていう事も実感しました。

--こんな男性に惚れてしまう

ドラ恋やってみて改めて気づいたんですけど、「人に気配りが出来て、気を使える人」にすごく惹かれました。基本は年上で筋肉がある人が好きなんです(笑)、けど、それ以上に中身って大事なんだなって今回気づかされました!

--本人プロフィール

【名前】糸原美波(いとはら みなみ)

【生年月日・出身地】1996年8月4日、奈良県

【ニックネーム】みなみ、糸ちゃん、みーこ。

--ドラ恋メンバーにいきなり「糸ちゃん」って呼ばれたら?

え~うれしぃ~いいですね(笑)

【コロナが解消されたらこんな事思いっきりしたい】メンバーと東京でマスクを取って、ご飯食べに行きたい。富士急ハイランド(撮影現場の近く)に行きたいですね!

【愛用品】Beatsのヘッドフォン。台本をもらったらまず一人ヘッドフォンです、その時ヘッドフォンして音楽聴きながら役作りをするんです。集中できるんです。

【ドラ恋ファンにメッセージ】本気で演技をして、本気で恋愛をしながらも一瞬一瞬を一生懸命真剣に取り組んでるんで、そういう姿を見てください。