北陸新幹線69%減 JR西、7~11日の利用者

©株式会社北國新聞社

 JR西日本は16日、北陸新幹線の7~13日の利用者数(速報値)について、前年同期と比べて平日(7~11日)が69%減、土日(12、13日)が75%減だったと発表した。前週(8月31日~9月6日)は平日が74%減で減少率がわずかに縮小し、土日は75%減で横ばいだった。

 JR西によると、新型コロナの影響で、観光での利用が引き続き低調という。山陽新幹線の利用者数については、平日が67%減、土日が74%減で、北陸新幹線とほぼ同じ状況となっている。

 金沢−大阪の「サンダーバード」や、金沢−米原・名古屋の「しらさぎ」を含む在来線特急の利用者数は、平日が70%減、土日が75%減となっている。前週は平日が69%減、土日が77%減だった。