横田早紀江さん「世界中の人に聞いていただけるのならありがたいです」単独インタビュー全編配信~日朝首脳会談から丸18年となる9月17日より

©株式会社ニッポン放送

北朝鮮による拉致被害者・横田めぐみさんの母・横田早紀江さんの単独インタビューが、日朝首脳会談から丸18年となる9月17日からポッドキャストで配信となった。

ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』(月〜木8時〜11時30分)で8月18日(火)に放送された際には、事前収録した1時間余りのインタビューの一部しか放送できなかったが、同番組を聞いたリスナーから「テレビの印象とは違う話が聞けた」「早紀江さんのインタビューを継続的に放送してほしい」といった声が寄せられ、今回、未放送分を含めてインタビューの全編を「ニッポン放送 横田早紀江さん単独インタビュー ~母の祈り~ 」と題してポッドキャストで配信されることとなった。

北朝鮮による拉致被害者・横田めぐみさんの母・早紀江さん(84)が8月ニッポン放送の単独インタビューに応じた。日朝首脳会談(2002年9月17日)が行われてから18年、一向に進展しない拉致問題について「なぜこんなに長い年月をかけても何もできないのか。イライラしますよ」と、普段表立って感情を出すことがない早紀江さんが珍しくラジオで本音を語った。収録は8月中旬に実施されたため、当時の安倍総理大臣に対し再訪朝と日朝首脳会談の再開は「必ずしないといけない」と具体的な行動を促した。

インタビューでは、めぐみさんに関して何の手掛かりがないまま探し続けた新潟での日々を「表現できない怖さだった。苦しくて悲しくて、悪夢の時代だった」と振り返る一方で、めぐみさんとの楽しい思い出や、家族旅行が大好きだった滋さんの人柄などについても懐かしそうに語った。また、めぐみさんが拉致される前日、滋さんの誕生日にプレゼントした「櫛」については、「(滋さんの)棺に入れようかどうか迷ったが、これは『希望』のために取っておかなければいけない」と述べ、めぐみさん再会への決意に変えた。

インタビューは予定時間の30分を大幅に超過して1時間以上にわたって行われた。番組ではその一部しか放送できなかったため、日朝首脳会談から丸18年となる9月17日に、拉致問題を風化させてはならないという意義を込めて、ポッドキャストでインタビューの全編を配信されることとなった。

ポッドキャストの配信にあたり早紀江さんは「世界中の人に聞いていただけるのならありがたいです」と述べ、拉致問題を世界中の人に認知してもらえることに期待を込めた。

<ニッポン放送 横田早紀江さん単独インタビュー ~母の祈り~>
■配信先:ニッポン放送 PODCAST STATION(https://podcast.1242.com)ほか各種Podcast聴取アプリ
■配信開始日:2020年9月17日(木)