広島県内周遊に在来線1日乗車券 JR西、18日から販売

©株式会社中国新聞社

JR西日本広島支社

 JR西日本広島支社は、10月に始まる大型観光企画「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」の一環で、18日から在来線の1日乗車券の販売を始める。山陽線福山―岩国間、呉線全線、JRの宮島フェリーを対象に、割安の定額料金で販売。12月26日まで広島や福山など主要駅のみどりの券売機で売る。

 県内周遊を促す狙いで、利用期間は10月3日〜12月27日の土、日曜と祝日。乗車日を指定した上で乗車の1カ月前から前日まで購入できる。料金は中学生以上が2千円、小学生が500円。通常の往復運賃は広島―尾道間は3040円、福山―岩国間は5280円などとなっている。

 同支社広報室は「近距離の家族でのお出かけなどに活用してもらい、広島の魅力を再発見してほしい」とPRしている。(山崎雄一)