京王電鉄、東京・多摩エリアでMaaS実証実験 今冬から開始予定

©株式会社自動車新聞社

京王電鉄株式会社(以下、京王電鉄)では、東京都が公募した「令和2年度 MaaS社会実装モデル構築に関する実証事業」に採択され、今冬より、東京多摩エリアにて、地域関係者と連携したMaaSの実証実験を行う。

この実証実験では、高齢化の進展やコロナ禍におけるライフスタイルの変化などが生じている環境において、東京多摩エリアの「交通利便性の向上」「生活利便性の向上」に資する施策とともに、エリアの魅力を発信することで、街の活力を高め、高齢者・若年層・ファミリー層に持続的に住んでいただける便利な街としていくことを目指す。

「交通利便性の向上」では、地域公共交通機関のリアルタイム検索、さまざまな移動手段を加味したマルチモーダル検索などの情報提供による「交通サービスの統合」のほか、ワゴンバスの定時運行などによる「ラストワンマイルの補完」を実施する。

また、「生活利便性の向上」では、「デジタルチケットを活用した交通と商業・観光等各種サービス連携」を実施する。さらに、お出かけ情報のデジタル地図での発信など、デジタル技術を活用したエリアの魅力発信を行うとのこと。

実施にあたっては、専用ポータルサイト(WEBサービス)を構築し、一元的にサービス提供を行う。

提供するサービス

実証は、東京都多摩市を中心とする東京多摩エリアで2021年1月~2021年2月にかけて行う予定。実施主体である京王電鉄のほか、JR東日本、アイシン精機、OpenStreet、JCBらが参画する。

参画する主な企業