W杯1周年 25日にイベント 釜石・山田選手(元日本代表)出演

©株式会社岩手日報社

ラグビーW杯で熱戦が繰り広げられた釜石鵜住居復興スタジアム=2019年9月25日

 釜石市の官民組織、釜石ラグビー応援団(中田義仁団長)は、ラグビーワールドカップ(W杯)釜石開催から1年となる25日、同市大町のテットで記念イベントを開く。釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで行われたフィジー-ウルグアイ戦を上映するほか、元日本代表WTBの山田章仁選手(NTTコミュニケーションズ)がオンライントークショーに出演し会場を盛り上げる。

 午後5時開始。同カードの総集編を放映し、東日本大震災の被災地が復興を進め、実現した一戦の熱気を振り返る。ウルグアイチーム関係者からのビデオメッセージも流す予定。

 新型コロナウイルス感染症対策として、入場者を収容人数(800人)の半分程度に制限し、検温や消毒を義務付ける。