米大統領、中国支配に不満

TikTok提携案

©一般社団法人共同通信社

16日、米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を巡る提携案で、運営する中国IT企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)が経営の支配権を握ることは「好ましくない」と不満を示した。影響力維持へ過半出資を求めたとされる同社に圧力をかけた。

 トランプ氏は、バイトダンスと米ソフトウエア大手オラクルの提携案に関する審査の報告を17日午前に受けることを明らかにし、「安全保障は100%でなければならない」と述べた。アプリ利用を通じた情報流出を阻止できることが承認条件の一つになるとの考えを示した。