田中圭がクランクアップ!「僕と瀬野の気持ちはみんなと一緒にいます!うそじゃないよ(笑)」

©株式会社フジテレビジョン

9月24日(木)に最終回を迎えるドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』。このたび、田中圭がクランクアップを迎えた。

これまで描かれることのなかった病院薬剤師にスポットライトを当て、その知られざる奮闘の日々を描いた人間ドラマが大きな感動を呼んできた本作。

また、個性的かつ芯の強い薬剤部メンバーも今作の魅力のひとつであり、主人公の葵みどり(石原さとみ)をはじめ、新人の相原くるみ(西野)、現実主義の刈谷奈緒子(桜井)、愛嬌(あいきょう)あふれる羽倉龍之介(井之脇)といった面々が、時にぶつかりながらも、固いチームワークを武器に懸命に働く姿が視聴者を魅了してきた。

約半年間に及ぶ撮影期間を経て、クランクアップを迎えた田中。スタッフの「田中圭さん、クランクアップです!」の声が上がると、主演の石原から大きな花束が贈られた。

10数年来の友人同士である石原と田中。田中はクランクイン前、「石原さんと僕にしかできないみどりと瀬野の関係を作りたい」と語っていたが、まさにその言葉通り、確かな信頼関係を築き上げた2人が満面の笑みでお互いをねぎらう場面も。

一足先にクランクアップとなった田中は、「これからもずっと、僕と瀬野章吾の気持ちはみんなと一緒にいます!うそじゃないよ(笑)!」と語り、スタッフ、キャストから大きな笑い声と温かい拍手が上がった。

いよいよ物語は最終章へ-。瀬野を突然襲った胸の痛み。ステージ4の重複がんというショッキングな診断結果に薬剤部メンバーたちの間に衝撃が走る。尊敬する先輩であり、大切な仲間である瀬野を助けたい一心で、みどりは医師らと共に瀬野の治療の道を模索していくが…。瀬野を待ち受ける運命とは?

<田中圭 コメント>

とてもとても長い間、みなさんとは心を一つにして撮影に臨んできたと思っています。僕は他の皆さんに比べれば撮影現場にガッツリ入っていたわけではなかったですけど、離れていても常に瀬野章吾はみなさんと一緒にいました(笑)!

まだ残りの撮影もありますから、最後までがんばって盛り上げてください。これからもずっと、僕と瀬野章吾の気持ちはみんなと一緒にいますので!うそじゃないよ(笑)!これからも一緒にお仕事できるように頑張ります。ありがとうございました!