7 MEN 侍・中村嶺亜の実力は? 難易度高め!?「プレバト!!」新企画「丸シールアート」に挑戦!!

©株式会社東京ニュース通信社

7 MEN 侍の中村嶺亜が、9月17日にTBS系で放送される「プレバト!!」(木曜午後7:00=MBS制作)に出演。新査定企画「丸シールアート」の才能査定ランキングにチャレンジする。

同番組は、ダウンタウンの浜田雅功のMCで、芸能人の隠れた才能を専門家が査定し、ランキング形式で発表するカルチャースクールバラエティー。新査定企画の「丸シールアートの才能ランキング」では、黒色のアクリル板の上に14種のカラーの丸のシールのみを使って作品を制作。大学の芸術学部で油絵を学んでいるという中村のほか、番組初登場の奥菜恵、数々の芸術査定で才能を発揮している千原ジュニア、くっきー!(野性爆弾)の4人がランキングを競う。

中村は「前回は(以前スプレーアート査定で出演)、大口たたいた割に3位で恥ずかしかったんで、今回は1位を目指します!」と豪語するが実力の程は? そして、奥菜が作品制作にかけた時間はなんと、25時間。自慢の力作は才能アリ獲得となるのか。一方、五つの芸術査定で名人・特待生の座に就くくっきー!は、ほかの挑戦者が「制作するのが楽しかった」という感想を持つ中「ストレスしかなかった!」と苦戦した様子。また、ジュニアは「楽しかった」というも、制作には4日間かけ、悩みぬいたという。査定するのは世界が認めた丸シールアートの第一人者・大村雪乃先生。全員がかなりの時間をかけて渾身の作品で挑むが、いったい誰のどんな作品が才能アリ1位を獲得するのか!?

そのほか「俳句」企画には、名人・特待生が集結し「俳句の昇格降格一斉査定SP」をおくる。査定を受けるのは初段の千原ジュニア、1級のミッツ・マングローブ、特待生3級のパックン、5級の筒井真理子、馬場典子、篠田麻里子の6人。夏井いつき先生から出題された「たまご」をお題に渾身の一句で昇格査定に臨む。

さらに永世名人・梅沢富美男が俳句集出版に向けて挑戦する「富美男のお手本」のコーナーも。梅沢が永世名人として俳句を発表し、俳句集に掲載できる句かどうかを夏井先生がジャッジ。夏井先生が“ボツ”と判断した句はその場で作品がシュレッダーにかけられ粉々になってしまう。「この句は私にしか考えられない一句です!」と並々ならぬ意気込みを語る梅沢。今回はシュレッダー行きを免れるのか注目だ。