福士蒼汰ら「DIVER」チーム参戦!「VS嵐」収録がドラマ共演者と初顔合わせ!?

©株式会社東京ニュース通信社

9月22日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)に出演者する福士蒼汰、野村周平、片瀬那奈、寺脇康文、正名僕蔵、りょうが、9月17日放送の「VS嵐」(木曜午後7:00)に参戦する。

ドラマは、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だった福士演じる主人公の黒沢兵悟が、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められ、兵庫県警に極秘で結成された「潜入捜査チーム(通称D班)」の一員となり、悪に手を染めながらも自身の正義で悪を駆逐していくノンストップサスペンス。福士、野村、片瀬は“D班”メンバー、りょうはそのD班を秘密裏に組織した兵庫県警本部長、正名僕蔵は兵庫県警組織犯罪対策課の課長として役柄が明かされているが、寺脇のみが「このドラマの重要な鍵を握る人物」ながらも、その詳細が不明のまま。

寺脇も「まだ謎の男としか言えないんです」と語り、ドラマの共演者と顔を合わせるのも「VS嵐」の収録が初めて。しかしチームの息はぴったりで、全員で挑んだ特別企画「芸能人プラベート写真!間違い探し」では珍回答も続出する。

寺脇とドラマ初共演の福士は「楽しかったですね! このチームで参加できてよかったです」と話し、寺脇も「すごくバランスのいいチームでしたね! 福士くんとはドラマ初共演になりますが、しっかり座長としてまとめてくれました。それ以外のメンバーはこれまでにも共演したことがあるのでイメージはありましたが、あらためていいチームだなと思いました」と喜んでいる。