騒動のメッシ、「キーパー硬直の右足スーパーミドル」がこれ

©株式会社コリー

今夏のマーケットでバルセロナに対して退団を要求したものの、最終的にはそれが叶わずに残留することになったリオネル・メッシ。

そのため練習にも遅れて参加することになり、コンディション面などが不安視されていたのだが、13日のトレーニングマッチではすでに先発出場している。

そして16日に行われたジローナとの試合でもスタメンに配置されると、とんでもない右足のミドルシュートを叩き込んでみせた(動画55秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

右ポストに直撃、そして左サイドネットへ!キーパーが一歩も動けないパーフェクトなコースだ。

メッシはそのあと左足でもシュートを決め(動画1:38~)、この試合2ゴールを記録。開幕に向けて万全な状況に仕上げていることをアピールした。

【関連記事】覚えてる?「メッシがバルサでデビューする直前の試合」スタメン11名

なおバルセロナは19日にジョアン・ガンペール杯のエルチェ戦を控えており、その後27日にビジャレアルと対戦する予定だ。