河北省初の北京大興国際空港CAT、運用を開始

©新華社

河北省初の北京大興国際空港CAT、運用を開始

16日、北京大興国際空港固安CAT。(固安=新華社記者/張晨霖)

 【新華社石家荘9月17日】中国河北省廊坊市の固安県で16日、北京大興国際空港シティーエアターミナル(固安CAT)が運用を開始した。直通リムジンバスによって同空港と約40分で結ぶ。

河北省初の北京大興国際空港CAT、運用を開始

16日、北京大興国際空港固安CAT内の一角。(固安=新華社記者/張晨霖)

 固安CATは、同空港から直線距離で約10キロの固安科創センター内に設置され、敷地面積は約500平方メートル。周辺には宿泊施設や飲食店、商店などもある。同CATでは、有人カウンターでのチェックイン、セルフチェックイン、手荷物の預け入れ、フライト情報検索などができる。

河北省初の北京大興国際空港CAT、運用を開始

16日、北京大興国際空港固安CATで、エアポートリムジンバスの乗車手続きを行うスタッフ。(固安=新華社記者/張晨霖)

 同CATは、北京市以外に設置された初めての同空港CATとなる。同空港は、将来的に京津冀(北京市・天津市・河北省)一帯にCATを多数設置し、利便性の向上を図るという。(記者/丁静、張晨霖、斉雷傑)

河北省初の北京大興国際空港CAT、運用を開始

16日、北京大興国際空港固安CATで、空港に向かうバスを待つ乗客。(固安=新華社記者/張晨霖)

河北省初の北京大興国際空港CAT、運用を開始

16日、北京大興国際空港固安CATのチェックインカウンター。(固安=新華社記者/張晨霖)

河北省初の北京大興国際空港CAT、運用を開始

16日、北京大興国際空港固安CATでチェックインする乗客。(固安=新華社記者/張晨霖)