TDLに「ニューファンタジーランド」が9月28日にオープン。「美女と野獣」がテーマの新エリア

©ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは9月17日、東京ディズニーランドの新エリア「ニューファンタジーランド」を9月28日にオープンすると発表した

ニューファンタジーランド、どんなエリア?

新たにオープンする 「ニューファンタジーランド」は、ディズニー映画『美女と野獣』を主なテーマにしたエリアで、アトラクションやレストラン、グッズショップなどが展開される。

その他、東京ディズニーランド初の本格的な屋内シアターとなる「ファンタジーランド・フォレストシアター」や人気キャラクター・ミニーマウスのグリーティング施設が設置され、さらには、世界で初となるディズニー映画『ベイマックス』をテーマにしたアトラクションなどが楽しめる。

新エリア、今後はディズニーシーにも

「ニューファンタジーランド」をめぐっては、当初2020年4月15日にオープンを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京ディズニーランド・シーが1月末より臨時休園となったことなどを受け、公開が延期となっていた。

運営するオリエンタルランドは6月23日、新エリアのオープンについて、7月1日の運営再開後のパークの状況をみて判断すると発表していた

パークが拡張されるのは東京ディズニーランドにとどまらない。

東京ディズニーシーでも現在、新エリアの「ファンタジースプリングス」のオープンが計画されていて、開業予定時期は2023年度を予定しているという。